『河図洛書』-四字熟語-壁紙/画像


河図洛書 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

河図洛書 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】かとらくしょ

【意味】中国古代に黄河と洛水のなかから出現したといわれる神秘的な図で,天地の理法を象徴しているともいわれるもの。

河図洛書をLINEで送る

河図洛書

河図洛書(かとらくしょ)は、古代中国における伝説上の瑞祥である河図(かと)と洛書(らくしょ)を総称したもの。
略して図書(としょ)ともいう。
「河」は黄河、「洛」は洛水を表す。
儒教において、八卦や洪範九疇の起源と考えられて重視された。
その出典は『論語』子罕編や『易経』繋辞上伝にある。
『論語』では孔子の言葉として 「子曰 鳳鳥不至 河不出圖 吾已矣夫」 (鳳鳥、至らず。
河は図を出さず。
吾、已んぬるかな)とあり、鳳凰と並記されていることから黄河に現れる祥瑞であり、孔子が祥瑞の現れない当時の乱れた世の中を嘆いていることが分かるのみである。
ここで洛書は登場しない。
一方、『易経』繋辞上伝には 「天垂象見吉凶聖人象之 河出圖 洛出書 聖人則之」 (天、象を垂れ、吉凶を見(あらわ)す。
聖人これに象る。
河は図を出し、洛は書を出す。
聖人これに則る)とあり、聖人が易を作った由来に関する文脈である。
これにより繋辞下伝の 「古者包犧氏之王天下也 仰則觀象於天 俯則觀法於地觀鳥獸之文與地之宜近取諸身 遠取諸物 於是始作八卦」 (伏羲氏の天下に王たるや、仰いでは天に象を見、俯しては法を地に見、鳥獣の文と地の宜を観、…ここに於いて初めて八卦を作る)という伏羲画卦の伝説と合わされて、河図は八卦の手本になったものと解されるようになった。

河図洛書-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 起承転結(きしょうてんけつ)
  2. 創業守成(そうぎょうしゅせい)
  3. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  4. 風林火山(ふうりんかざん)
  5. 恍恍惚惚(こうこうこつこつ)
  6. 一意専心(いちいせんしん)
  7. 刀耕火種(とうこうかしゅ)
  8. 期間限定(きかんげんてい)
  9. 難行苦行(なんぎょうくぎょう)
  10. 万緑一紅(ばんりょくいっこう)
  11. 西施捧心(せいしほうしん)
  12. 竜驤虎視(りゅうじょうこし・りょうじょうこし)
  13. 碧血丹心(へきけつたんしん)
  14. 蟷螂之斧(とうろうのおの)
  15. 複雑怪奇(ふくざつかいき)
  16. 洞天福地(とうてんふくち)
  17. 判官贔屓(はんがんびいき)
  18. 半官半民(はんかんはんみん)
  19. 敗柳残花(はいりゅうざんか)
  20. 破鏡不照(はきょうふしょう)