『河図洛書』-四字熟語-壁紙/画像


河図洛書 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

河図洛書 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「河図洛書(かとらくしょ)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】かとらくしょ

【意味】中国古代に黄河と洛水のなかから出現したといわれる神秘的な図で,天地の理法を象徴しているともいわれるもの。

河図洛書をLINEで送る

河図洛書

河図洛書(かとらくしょ)は、古代中国における伝説上の瑞祥である河図(かと)と洛書(らくしょ)を総称したもの。
略して図書(としょ)ともいう。
「河」は黄河、「洛」は洛水を表す。
儒教において、八卦や洪範九疇の起源と考えられて重視された。
その出典は『論語』子罕編や『易経』繋辞上伝にある。
『論語』では孔子の言葉として 「子曰 鳳鳥不至 河不出圖 吾已矣夫」 (鳳鳥、至らず。
河は図を出さず。
吾、已んぬるかな)とあり、鳳凰と並記されていることから黄河に現れる祥瑞であり、孔子が祥瑞の現れない当時の乱れた世の中を嘆いていることが分かるのみである。
ここで洛書は登場しない。
一方、『易経』繋辞上伝には 「天垂象見吉凶聖人象之 河出圖 洛出書 聖人則之」 (天、象を垂れ、吉凶を見(あらわ)す。
聖人これに象る。
河は図を出し、洛は書を出す。
聖人これに則る)とあり、聖人が易を作った由来に関する文脈である。
これにより繋辞下伝の 「古者包犧氏之王天下也 仰則觀象於天 俯則觀法於地觀鳥獸之文與地之宜近取諸身 遠取諸物 於是始作八卦」 (伏羲氏の天下に王たるや、仰いでは天に象を見、俯しては法を地に見、鳥獣の文と地の宜を観、…ここに於いて初めて八卦を作る)という伏羲画卦の伝説と合わされて、河図は八卦の手本になったものと解されるようになった。

河図洛書-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 獅子奮迅(ししふんじん)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 少欲知足(しょうよくちそく)
  6. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  7. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  8. 一騎当千(いっきとうせん)
  9. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  10. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  11. 仏足石歌(ぶっそくせきか)
  12. 桜花爛漫(おうからんまん)
  13. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  14. 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  15. 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  16. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  17. 試行錯誤(しこうさくご)
  18. 一攫千金(いっかくせんきん)
  19. 証拠隠滅(しょうこいんめつ)
  20. 一蓮托生(いちれんたくしょう)