『格物致知』-四字熟語-壁紙/画像


格物致知 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

格物致知 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】かくぶつちち

【意味】知を致すは物に格るにあり。物事の道理や本質を深く追求し理解することで、知識や学問を深め得ること。

格物致知をLINEで送る

格物致知

格物致知(かくぶつちち)とは、古代中国における思想史上の術語。
格致(かくち)とも略される。
『礼記』大学篇(『大学』)の一節「致知在格物、物格而知至」に由来し、儒学史上、さまざまな解釈がなされた。
宋代以降の儒教(宋学)において『易経』説卦伝に由来する「窮理」(理を窮(きわ)め性(せい)を尽くし以て命(めい)に至る)と結びつけられ、事物の道理を追究することとして重要視された。
四書・五経は儒教の経典である。
この四書(『大学』『中庸』『論語』『孟子』)の『大学』は、儒教の思想を簡潔かつ体系的に述べた書物であり、その内容は、三綱領、八条目に要約される。
三綱領とは、「明徳を明らかにし、民を新たにし(民を親しましむと読む説もある)、至善に止る」の三項、八条目とは、「格物・致知」の二項と、「意を誠にし、心を正し、身を修め、家を斉え、国を治め、天下を平らぐ」の六項を合せた八項目のこと。

格物致知-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 桜花爛漫(おうからんまん)
  2. 犀舟勁檝(さいしゅうけいしゅう)
  3. 四苦八苦(しくはっく)
  4. 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  5. 治山治水(ちさんちすい)
  6. 賞味期限(しょうみきげん)
  7. 会者定離(えしゃじょうり)
  8. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  9. 格物致知(かくぶつちち)
  10. 独立独歩(どくりつどっぽ)
  11. 暗黒時代(あんこくじだい)
  12. 一心不乱(いっしんふらん)
  13. 快刀乱麻(かいとうらんま)
  14. 年功序列(ねんこうじょれつ)
  15. 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  16. 十人十色(じゅうにんといろ)
  17. 迦陵頻伽(かりょうびんが)
  18. 機械之心(きかいのこころ)
  19. 市松模様(いちまつもよう)
  20. 変法自強(へんぽうじきょう)