『因果関係』-四字熟語-壁紙/画像


因果関係 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

因果関係 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「因果関係(いんがかんけい)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】いんがかんけい

【意味】結果と原因の間に何らかの関係があること。
【英訳】cause and effect relationship.causal relation.causality.causal association

因果関係をLINEで送る

因果関係

因果関係の錯誤

故意論における錯誤(構成要件的事実の錯誤という)とは、行為者の認識・予見と特定の構成要件に該当する客観的事実(犯罪事実という)とが異なることをいう。
したがって、因果関係の錯誤とは、行為者が自己の行為から特定の因果関係の経過をたどって結果が発生すると思っていたが、現実にはその因果関係の経過とは異なる経路で同じ結果が生じた場合をいう。
因果関係の錯誤と故意の成否 通常(という限定をつけるのは、構成要件が特定の因果経過を予定している場合があるからである)、具体的な因果関係の経過は構成要件上重要とはいえないから、行為者の認識していた因果経過と実際に生じた因果経過とが、構成要件の客観面において因果関係があるということを前提にして、相当因果関係の範囲内で符合すれば、その錯誤は故意の成立を妨げる原因とはならない。

因果関係の妥当性

疫学(えきがく、Epidemiology)は、個人ではなく、集団を対象とし、疾病の発生原因や予防などを研究する学問。
元々は伝染病を研究対象として始まったが、その後、公害病や事故などの人災、地震などの天災、交通事故、がんなど生活習慣病など、研究対象・調査対象は多様化している。
集団を対象とするため統計学を多用する。
医学部のみならず、現在では教育学部や経済学部など幅広い学生に勉強されている。
定義 国際疫学学会の定義は「特定の集団における健康に関連する状況あるいは事象の、分布あるいは規定因子に関する研究。
また、健康問題を制御するために疫学を応用すること」である。
他の定義の例として、「疫学とは生物集団における病気の流行状態を研究する学問」がある。
すなわち、ある一時点/一期間での、ある一集団において、ある特定の病気が流行した場合、その流行の原因を調べ、その原因を除去することにより流行そのものを制御(終熄、予防)するための学問である。

因果関係-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 一水四見(いっすいしけん)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 三十二相(さんじゅうにそう)
  6. 結跏趺坐(けっかふざ)
  7. 一騎当千(いっきとうせん)
  8. 賞味期限(しょうみきげん)
  9. 桜花爛漫(おうからんまん)
  10. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  11. 風林火山(ふうりんかざん)
  12. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  13. 仙洞御所(せんとうごしょ)
  14. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  15. 一妻多夫(いっさいたふ)
  16. 電光石火(でんこうせっか)
  17. 一世風靡(いっせいふうび)
  18. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  19. 故事成語(こじせいご)
  20. 会者定離(えしゃじょうり)