『因果応報』-四字熟語-壁紙/画像


因果応報 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

因果応報 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いんがおうほう

【意味】よい行いには必ずよい報いがあり、悪い行いには必ず悪い報いがあるということ。過去および前世の因業に応じて果報があるという意。現在では、悪い行いの報いの意味で使われることが多い言葉。
【英訳】retribution.

因果応報をLINEで送る

因果応報

『因果』より : 因果(いんが、梵 hetu-phala)は、もとは仏教用語であった。
時代の関係を考慮し、ヴェーダ、仏教の順で解説する。
ヴェーダやバラモン教における説明 因中有果(いんちゅううか) 正統バラモン教の一派に、この世のすべての事象は、原因の中にすでに結果が包含されている、とするものがある。
仏教における説明 善因には善果、悪因には悪果が訪れるという業の因果の法則が説かれている。
仏教では、一切の存在は本来は善悪無記であると捉え、業に基づく輪廻の世界では、苦楽が応報すると説かれている。
一切は、直接的要因(因)と間接的要因(縁)により生じるとされる。
また、「原因に縁って結果が起きる」という法則を、縁起と呼ぶ。
縁起の解釈は流派によって異なり、「縁起説」とも呼ばれている。
仏教において因果は次のように説かれる。
善因善果(ぜんいんぜんか)…善が善をうむ 悪因悪果(あくいんあっか)…悪が悪をうむ 善因楽果(ぜんいんらっか)…善が楽をうむ 悪因苦果(あくいんくか)…悪が苦をうむ善因には楽果、悪因には苦果が訪れるという法則を同類因・等流果と呼ぶ。

因果応報-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 竜闘虎争(りゅうとうこそう・りょうとうこそう)
  2. 有終之美(ゆうしゅうのび)
  3. 舌端月旦(ぜったんげったん)
  4. 三段論法(さんだんろんぽう)
  5. 三界流転(さんがいるてん)
  6. 三事六府(さんじろっぷ)
  7. 瀟湘八景(しょうしょうはっけい)
  8. 勢利之交(せいりのまじわり)
  9. 閉口頓首(へいこうとんしゅ)
  10. 静寂閑雅(せいじゃくかんが)
  11. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  12. 燃犀之明(ねんさいのめい)
  13. 戮力協心(りくりょくきょうしん)
  14. 摂取不捨(せっしゅふしゃ)
  15. 一言半句(いちげんはんく・いちごんはんく)
  16. 半推半就(はんすいはんしゅう)
  17. 天府之土(てんぷのど)
  18. 旰食宵衣(かんしょくしょうい)
  19. 坐薪懸胆(ざしんけんたん)
  20. 阿諛迎合(あゆげいごう)