スポンサーリンク

『亀甲獣骨』-四字熟語-壁紙/画像


亀甲獣骨 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】きっこうじゅうこつ

【意味】亀の甲羅や牛や鹿の骨。殷代には多く卜占のためこれに文字を刻んだ。一番古い漢字の用例で亀甲獣骨文字、甲骨文字、甲骨文という。

亀甲獣骨をLINEで送る

亀甲獣骨文字

甲骨文字(こうこつもじ)とは、中国・殷(商)に行われた漢字書体の一つで、現在確認できる最古の漢字。
古代中国で生まれ発達してきた文字(漢字)と獣骨を用いる占卜とが結びついて文字記録となったものである。
亀甲獣骨文字、甲骨文ともいう。
殷後期(第22代殷王武丁以降)の考古学資料が小屯村(殷墟)で大量に出土した。
亀の甲羅(腹甲)や牛や鹿の骨(肩胛骨)に刻まれた。
甲骨文字は絵文字様であるが、文字としてすでに抽象性が高い段階に発達している。
現在確認できる最古の漢字であるため、甲骨文に現れた形から、なぜこのような字形になったかという字形解釈の典拠にされている。
殷の卜占(en)では、これらの骨・甲羅などの裏側に小さな穴を穿ち、熱した金属棒(青銅製であったといわれている)を穴に差し込む。
しばらくすると表側に卜形のひび割れが生じる。
事前に占うことを刻んでおき、割れ目の形で占い、判断を甲骨に刻みつけ、爾後占いの対象について実際に起きた結果が追記された。
その際に使われた文字が甲骨文である。
発掘された甲骨文はもっぱら占いの内容が記録されている。

スポンサーリンク

亀甲獣骨-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード



その他の四字熟語



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 桜花爛漫(おうからんまん)
  2. 百鬼夜行(ひゃっきやぎょう・ひゃっきやこう)
  3. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  4. 獅子奮迅(ししふんじん)
  5. 一攫千金(いっかくせんきん)
  6. 捲土重来(けんどじゅうらい・けんどちょうらい)
  7. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  8. 露館播遷(ろかんはせん)
  9. 医食同源(いしょくどうげん)
  10. 疑心暗鬼(ぎしんあんき)
  11. 賢君忠臣(けんくんちゅうしん)
  12. 三寒四温(さんかんしおん)
  13. 千射万箭(せんしゃばんせん)
  14. 一念通天(いちねんつうてん)
  15. 朝令暮改(ちょうれいぼかい)
  16. 正当防衛(せいとうぼうえい)
  17. 八紘一宇(はっこういちう)
  18. 一世風靡(いっせいふうび)
  19. 電光石火(でんこうせっか)
  20. 切磋琢磨(せっさたくま)

スポンサーリンク