『亀甲獣骨』-四字熟語-壁紙/画像


亀甲獣骨 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

亀甲獣骨 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】きっこうじゅうこつ

【意味】亀の甲羅や牛や鹿の骨。殷代には多く卜占のためこれに文字を刻んだ。一番古い漢字の用例で亀甲獣骨文字、甲骨文字、甲骨文という。

亀甲獣骨をLINEで送る

亀甲獣骨文字

甲骨文字(こうこつもじ)とは、中国・殷(商)に行われた漢字書体の一つで、現在確認できる最古の漢字。
古代中国で生まれ発達してきた文字(漢字)と獣骨を用いる占卜とが結びついて文字記録となったものである。
亀甲獣骨文字、甲骨文ともいう。
殷後期(第22代殷王武丁以降)の考古学資料が小屯村(殷墟)で大量に出土した。
亀の甲羅(腹甲)や牛や鹿の骨(肩胛骨)に刻まれた。
甲骨文字は絵文字様であるが、文字としてすでに抽象性が高い段階に発達している。
現在確認できる最古の漢字であるため、甲骨文に現れた形から、なぜこのような字形になったかという字形解釈の典拠にされている。
殷の卜占(en)では、これらの骨・甲羅などの裏側に小さな穴を穿ち、熱した金属棒(青銅製であったといわれている)を穴に差し込む。
しばらくすると表側に卜形のひび割れが生じる。
事前に占うことを刻んでおき、割れ目の形で占い、判断を甲骨に刻みつけ、爾後占いの対象について実際に起きた結果が追記された。
その際に使われた文字が甲骨文である。
発掘された甲骨文はもっぱら占いの内容が記録されている。

亀甲獣骨-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 隔岸観火(かくがんかんか)
  2. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  3. 永世中立(えいせいちゅうりつ)
  4. 年中行事(ねんちゅうぎょうじ)
  5. 臨機応変(りんきおうへん)
  6. 恍然自失(こうぜんじしつ)
  7. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  8. 歳寒三友(さいかん(の)・さんゆう)
  9. 一攫千金(いっかくせんきん)
  10. 易姓革命(えきせいかくめい)
  11. 感恩戴徳(かんおんたいとく)
  12. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  13. 亀甲獣骨(きっこうじゅうこつ)
  14. 電光石火(でんこうせっか)
  15. 引喩失義(いんゆしつぎ)
  16. 天地開闢(てんちかいびゃく)
  17. 切磋琢磨(せっさたくま)
  18. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  19. 四月馬鹿(しがつばか)
  20. 適者生存(てきしゃせいぞん)