『奇想天外』-四字熟語-壁紙/画像


奇想天外 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

奇想天外 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】きそうてんがい

【意味】普通では思いもよらない奇抜なこと。またそのさま。

奇想天外をLINEで送る

奇想天外

奇想天外(きそうてんがい) 「奇想天外より落つ」の略。
奇抜な考え、転じて、奇抜な事物。
ウェルウィッチア。
植物の一種。
雑誌の名。
奇想天外 (SF雑誌) - 盛光社、奇想天外社、大陸書房から発行されていたSF雑誌。
奇想天外 (オカルト雑誌) - イースト・プレスのオカルト雑誌。
2006年創刊。
2007年3月に『奇想天外 2.0』を刊行するが、予告された続刊の『奇想天外 3.0』は刊行されず、二号雑誌で終わった。
テレビ番組『どうぶつ奇想天外!』の略。

奇想天外 (SF雑誌)

『奇想天外』(きそうてんがい)は盛光社から1974年4月から同年10月まで、奇想天外社から1976年4月から1981年10月まで、大陸書房から1987年11月から1990年まで刊行されていた日本のサイエンス・フィクション SF雑誌。
奇天(きてん)と略称されることも多い。

「SFマガジン」に次ぐ、第2のSF誌として1974年4月に創刊され、編集長は曽根忠穂、編集委員は福島正実、小鷹信光が務めた。
1974年10月号で休刊となる。

その後、奇想天外社が独立して復刊された。
編集長は引き続き曽根忠穂が務めた。
日本人作家の作品やコラムを中心としたラインナップで、翻訳SFは全体から見ると少ない。
1981年10月号で幕を閉じるまで通算77号を数えた。

また、奇想天外SF新人賞を主催。
新井素子はここからデビューした。

奇想天外-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 桜花爛漫(おうからんまん)
  2. 犀舟勁檝(さいしゅうけいしゅう)
  3. 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  4. 四苦八苦(しくはっく)
  5. 治山治水(ちさんちすい)
  6. 賞味期限(しょうみきげん)
  7. 格物致知(かくぶつちち)
  8. 会者定離(えしゃじょうり)
  9. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  10. 暗黒時代(あんこくじだい)
  11. 独立独歩(どくりつどっぽ)
  12. 四神相応(しじんそうおう)
  13. 英姿颯爽(えいしさっそう)
  14. 他力本願(たりきほんがん)
  15. 流言蜚語(りゅうげんひご)
  16. 機械之心(きかいのこころ)
  17. 地域限定(ちいきげんてい)
  18. 欲求不満(よっきゅうふまん)
  19. 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  20. 百折不撓(ひゃくせつふとう)