『起承転結』-四字熟語-壁紙/画像


起承転結 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

起承転結 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「起承転結(きしょうてんけつ)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】きしょうてんけつ

【意味】漢詩で、絶句の構成の名称。第1の起句で内容を歌い起し、第2の承句で起句を承け、第3の転句で詩意を一転し、第4の結句で全体を結ぶ。起承転合。4コマ漫画などにも転用。転じて、物事や文章の順序・組立・構成。

起承転結をLINEで送る

起承転結

起承転結(きしょうてんけつ)とは、4行から成る漢詩(近体詩)の絶句の構成を指す。
一行目から順に起句、承句、転句、結句と呼ぶ。
もとの中国語(漢文)では、起承転合 (中国語: 起承转合, qǐ chéng zhuǎn hé) である。
日本においては、本来の意味から転じて、文章やストーリーを4つに分けたときの構成、または各部の呼称としても使われる。
一方で、起承転結による文章は論理的ではないと指摘されている(「批判」の節を参照)。
また、文章やストーリーの構成としての起承転結は、ローカルなスタイルであり、国際的には、英語の一般的な文章ではパラグラフ・ライティング (主張→根拠→主張' )、学術論文ではIMRAD、および映画などの脚本では三幕構成が主に用いられている (「比較」の節を参照)。
構成 元の楊載 (1271-1323) の著した『詩法家数』は、「起承転結」説を唱えた文献のうち、最古のものであると主張される場合がある。

起承転結-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 四夷八蛮(しいはちばん)
  2. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  3. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  6. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  7. 風林火山(ふうりんかざん)
  8. 一騎当千(いっきとうせん)
  9. 少欲知足(しょうよくちそく)
  10. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  11. 獅子奮迅(ししふんじん)
  12. 一致団結(いっちだんけつ)
  13. 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  14. 試行錯誤(しこうさくご)
  15. 唯我独尊(ゆいがどくそん)
  16. 真実一路(しんじついちろ)
  17. 一人相撲(ひとりずもう)
  18. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  19. 盟神探湯(めいしんたんとう(くかたち))
  20. 一撃必殺(いちげきひっさつ)