『祇園精舎』-四字熟語-壁紙/画像


祇園精舎 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

祇園精舎 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】ぎおんしょうじゃ

【意味】釈迦が説法した寺の名前。祇樹給孤独園を略して祇園。

祇園精舎をLINEで送る

祇園精舎

祇園精舎(ぎおんしょうじゃ Jetavana-vihāra、正式名:祇樹給孤独園精舎、ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ、梵語: jetavane ’nāthapiṇḍadasya-ārāme)は、中インドのコーサラ国首都シュラーヴァスティー(舎衛城)、現ウッタル・プラデーシュ州シュラーヴァスティー県にあった寺院である。
釈迦が説法を行った場所であり、天竺五精舎(釈迦在世にあった5つの寺院)の1つである。
名の由来 梵語名は、「ジェータ太子の森(林)」 (祇陀林, Jetavana) と「身寄りのない者に施しをする」 Anāthapiṇḍada) を連記した名であり、以下の由来による。
コーサラ国のシュラーヴァスティーに、スダッタ(Sudatta 須達多)という富豪がいた。
身寄りのない者を憐れんで食事を給していたため、人々から「給孤独者 (アナータピンディカ Anāthapiṇḍada) と呼ばれていた。
ある日、スダッタは、釈迦の説法を聞いてこれに帰依し、彼に説法のための寺院を寄付しようと思い立った。

祇園精舎-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 千客万来(せんきゃくばんらい)
  2. 四字熟語(よじじゅくご)
  3. 四夷八蛮(しいはちばん)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 牛頭馬頭(ごずめず)
  6. 厭離穢土(おんりえど・えんりえど)
  7. 衣冠束帯(いかんそくたい)
  8. 人身御供(ひとみごくう)
  9. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  10. 言文一致(げんぶんいっち)
  11. 三武一宗(さんぶいっそう)
  12. 宣戦布告(せんせんふこく)
  13. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  14. 欲求不満(よっきゅうふまん)
  15. 因果応報(いんがおうほう)
  16. 現代社会(げんだいしゃかい)
  17. 帷幄上奏(いあくじょうそう)
  18. 永劫回帰(えいごうかいき)
  19. 先制攻撃(せんせいこうげき)
  20. 官官接待(かんかんせったい)