『血脈相承』-四字熟語-壁紙/画像


血脈相承 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

血脈相承 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】けちみゃくそうじょう

【意味】師から弟子へと、仏の教えを受け継いで伝えていくこと。仏教の言葉で、父親から子へと血を受け継いでいくことにたとえた言葉。

血脈相承をLINEで送る

血脈相承

血脈相承(けちみゃく・そうじょう、そうしょう)は、仏教において、法が師から、弟子へと相続されることを、人体における血液の流れに譬えた語。
師から授けられるものは、本尊や教義・戒律、切紙などの奥義・秘伝の類、あるいは宝物など、要するに血脈相承における「法」とは、”次代の師となるべき者が相続するもの”である。
基本的に非公開の場で伝達される。
単なる相続と見るか、一子相伝の秘儀の相続と見るかで、意味の重みが異なる。
各宗派における血脈相承 浄土真宗 浄土真宗においては伝灯相承(でんとうそうしょう)と呼ぶ。
特に浄土真宗本願寺派や真宗大谷派などでは、門主(門首、法主)の座が親鸞の子孫に受け継がれることを指す。
真言宗 真言宗では、恵果から受けた伝法灌頂によって、密教の正統は全て空海に相伝されたとしている。
禅宗 禅宗では法嗣といい、釈迦 - 摩訶迦葉へと伝えられた教外別伝の法を、代々受け継いだ付法蔵の第28祖が達磨であったと主張し、禅宗六祖の慧能までの衣鉢の授受を以てその証拠とする。

血脈相承 (日蓮正宗)

日蓮正宗における血脈相承(けちみゃくそうじょう)とは、宗祖日蓮が第2祖日興へ本門戒壇の大御本尊をはじめとする仏法の一切を譲った、とすること。
位置付け 日蓮正宗では、第2祖日興は、1282年(弘安5年)の二箇相承に基づき宗祖日蓮から「唯授一人の血脈相承」を受け、以後、大石寺歴代(第3祖日目・第4世日道・第5世日行)に順次伝えて現法主第68世日如に至っている、とする。
これによって、日蓮正宗の正統性と、時の法主による本尊に関する一切の専有性が保証される、とする。
創価学会は、「唯授一人の血脈相承」を否定、もしくは認めた上でその断絶や汚れを主張している。
根拠 日蓮正宗が採用する血脈相承に関する根拠は、以下の通り。
「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり。
相構へ相構へ、秘すべし伝ふべし」(『本因妙抄』) 脚注 注釈 出典 参考文献 『創価学会員への折伏教本』 折伏教本編纂委員会、大日蓮出版、富士宮、2004年9月10日、第6版。

血脈相承-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 三津七湊(さんしんしちそう)
  2. 試行錯誤(しこうさくご)
  3. 桜花爛漫(おうからんまん)
  4. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  5. 戮力協心(りくりょくきょうしん)
  6. 世界最強(せかいさいきょう)
  7. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  8. 公武合体(こうぶがったい)
  9. 三位一体(さんみいったい)
  10. 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  11. 獅子奮迅(ししふんじん)
  12. 班田収授(はんでんしゅうじゅ)
  13. 仏足石歌(ぶっそくせきか)
  14. 打草驚蛇(だそうきょうだ)
  15. 三千世界(さんぜんせかい)
  16. 一夫一婦(いっぷいっぷ)
  17. 森羅万象(しんらばんしょう)
  18. 尊王攘夷(そんのうじょうい)
  19. 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  20. 王道楽土(おうどうらくど)