『欣求浄土』-四字熟語-壁紙/画像


欣求浄土 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

欣求浄土 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「欣求浄土(ごんぐじょうど)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】ごんぐじょうど

【意味】心から喜んで浄土に往生することを願い求めること。厭離穢土に続けて書くと徳川家康の旗印。

欣求浄土をLINEで送る

欣求浄土

『浄土』より : 浄土(じょうど)とは、仏教における概念で、清浄で清涼な世界を指す。
浄刹(じょうせつ)、浄国、浄界などとも言われる。
穢土(えど)と対となる語である。
穢土 浄土と対となる語である穢土とは、穢国ともいわれるように穢悪(えあく)に満ちた世界である。
『維摩経』仏国品では、「丘陵、坑坎、荊棘、沙礫、土石、諸山ありて、穢悪充満せり」といい、砂漠地帯や開拓されていない荒野などを穢国といっている。
『往生論註』巻上では、「三界を見るに、これは虚偽の相であり、これは輪転の相であり、これは無窮の相であり、尺蠖の循環するが如く、蚕繭の自縛するが如し」といい、虚偽の世界、流転の世界、尺取虫が丸くなって丸いものを廻るように流転し、蚕の繭の如く自らを縛りつけ苦しむ世界が穢土だという。
ここでは人間が自縄自縛して、虚妄なるものを虚妄としらず、それにとらわれ苦しんでいる煩悩の世界をいう。
精神的物質的に何らの潤いを感ずることのない穢土に対して、浄土とは清浄で清涼な世界である。

欣求浄土-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. >
  2. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  3. 四夷八蛮(しいはちばん)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 結跏趺坐(けっかふざ)
  6. 三武一宗(さんぶいっそう)
  7. 三十二相(さんじゅうにそう)
  8. 桜花爛漫(おうからんまん)
  9. 風林火山(ふうりんかざん)
  10. 一騎当千(いっきとうせん)
  11. 賞味期限(しょうみきげん)
  12. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  13. 仙洞御所(せんとうごしょ)
  14. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  15. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  16. 電光石火(でんこうせっか)
  17. 一妻多夫(いっさいたふ)
  18. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  19. 会者定離(えしゃじょうり)
  20. 故事成語(こじせいご)