『五臓六腑』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

五臓六腑 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

五臓六腑 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】ごぞうろっぷ

【意味】五臓と六腑、肝・心・脾・肺・腎と大腸・小腸・胆・胃・三焦・膀胱。多く、からだ全体の意に用いる。転じて腹の中、心の裏。

五臓六腑をLINEで送る

五臓六腑

五臓六腑(ごぞうろっぷ)とは、伝統中国医学において人間の内臓全体を言い表すときに用いられたことば。
「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎を指す。
心包を加え六臓とすることもある。
「六腑」とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦を指す。
関係臓器がない三焦をはずして五腑とすることもある。
現代医学における解剖学の知見とは異なる概念。
陰陽五行説による解釈では、五臓も六腑もともに五行に配当され、それぞれの役割などについて説明される。
五臓六腑について書かれた最古の文献は、中国最古の医学書とされる『黄帝内経』であると言われている。
臓 現代医学の解剖学的具体的臓器そのものではなく、精・気・血を備蓄する蔵するという機能の総称である実質性臓器。
陰陽の陰に配当される。
また五行思想により配当されている。
肝 魂を臓する。
判断力や計画性などの精神活動を支配 「罷極の本」「将軍の官」と呼ばれる。
蔵血を主る。
筋肉を司る。
筋肉がだめになるとひきつれを起こす。
爪を主る。
目に開竅している。
ここが悪くなると肝の機能が低下する。
疏泄(気血をスムーズに流す作用)を司る。

五臓六腑-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 一世一元(いっせいちげん)
  3. 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 天衣無縫(てんいむほう)
  6. 桜花爛漫(おうからんまん)
  7. 四夷八蛮(しいはちばん)
  8. 牛頭馬頭(ごずめず)
  9. 天下無双(てんかむそう)
  10. 切磋琢磨(せっさたくま)
  11. 三武一宗(さんぶいっそう)
  12. 億万長者(おくまんちょうじゃ)
  13. 一所懸命(いっしょけんめい)
  14. 露館播遷(ろかんはせん)
  15. 百鬼夜行(ひゃっきやぎょう・ひゃっきやこう)
  16. 仏足石歌(ぶっそくせきか)
  17. 人身御供(ひとみごくう)
  18. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  19. 造反有理(ぞうはんゆうり)
  20. 故事成語(こじせいご)