『牛頭馬頭』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「牛頭馬頭(ごずめず)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

牛頭馬頭 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

牛頭馬頭 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】ごずめず

【意味】仏教において地獄にいるとされる亡者達を責め苛む獄卒で、牛の頭で体は人間の牛頭と、馬の頭で体は人間の馬頭を合わせた呼び方。

牛頭馬頭をLINEで送る

牛頭馬頭

牛頭馬頭(ごずめず)とは、仏教において地獄にいるとされる亡者達を責め苛む獄卒で、牛の頭に体は人身の姿をした牛頭と、馬の頭に体は人身の姿をした馬頭をいう。
牛頭馬頭は漢訳語であり、元のサンスクリット名は牛頭はgośīrṣa(ゴーシールシャ)、馬頭はaśvaśīrṣa(アシュヴァシールシャ)である。
牛頭馬頭という呼び方からわかるように、牛頭と馬頭はセットで語られることが多い。
仏教の経典では『大仏頂首楞厳経』第8、『十王経』などにその語の使用例が確認でき、牛頭鬼馬頭鬼(ごずき-めずき)、牛頭獄卒馬頭羅刹(ごずごくそつ-めずらせつ)とも表記される。
中国では牛頭馬面(ごず-ばめん)とも呼ばれており、地獄の様子を描写した民間の書籍や変文ではこちらも広く使われている。
仏教の思想に基づく地獄の獄卒は、六朝以後の中国の小説類にも散見される。
日本でも地獄の登場する説話や、地獄の様子を描いた『六道輪廻図』、『六道道』、『十王図』、『地獄草紙』などの絵画にその姿が決まって描かれてもおり、馴染みも多い。

牛頭馬頭-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 一世一元(いっせいちげん)
  3. 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 天衣無縫(てんいむほう)
  6. 桜花爛漫(おうからんまん)
  7. 四夷八蛮(しいはちばん)
  8. 牛頭馬頭(ごずめず)
  9. 天下無双(てんかむそう)
  10. 切磋琢磨(せっさたくま)
  11. 三武一宗(さんぶいっそう)
  12. 億万長者(おくまんちょうじゃ)
  13. 一所懸命(いっしょけんめい)
  14. 露館播遷(ろかんはせん)
  15. 百鬼夜行(ひゃっきやぎょう・ひゃっきやこう)
  16. 仏足石歌(ぶっそくせきか)
  17. 人身御供(ひとみごくう)
  18. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  19. 造反有理(ぞうはんゆうり)
  20. 故事成語(こじせいご)