『三位一体』-四字熟語-壁紙/画像


三位一体 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

三位一体 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】さんみいったい

【意味】キリスト教で、父(神)と子(キリスト)と聖霊は、一つの神が三つの姿となって現れたものであるという考え方。転じて、三つのものが、一つのものの三つの側面であること。三つの別々のものが緊密に結びつくこと。

三位一体をLINEで送る

三位一体

三位一体(さんみいったい、ギリシア語: Αγία Τριάδα, ラテン語: Trinitas, 英語: Trinity, ドイツ語: Dreifaltigkeit, ロシア語: Святая Троица)とは、キリスト教において「父」と「子(キリスト)」と「聖霊(聖神)」が「一体(唯一の神)」であるとする教え。
正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・プロテスタントといった大半の教派が、この教えを共有している。
上述の諸教会において、三位一体は、「三神」(三つの神々)ではない。
また「父と子と聖霊は、神の三つの様式でしかない」「神が三役をしている」といった考え(様態論)も否定される。
正教会(日本ハリストス正教会)では「至聖三者(しせいさんしゃ)」と訳される(但し「三位一体」の表記も用いられないわけではない)。
聖公会(日本聖公会)等では聖堂名・学園名など主に固有名詞の一部として、「聖三一」の語も使われる。
この語は、キリスト教神学を離れて、三者が心を合わせることや、3つのものを一つに併せることを指して用いられる場合もある。

三位一体説

『三位一体』より : 三位一体(さんみいったい、ギリシア語: Αγία Τριάδα, ラテン語: Trinitas, 英語: Trinity, ドイツ語: Dreifaltigkeit, ロシア語: Святая Троица)とは、キリスト教において「父」と「子(キリスト)」と「聖霊(聖神)」が「一体(唯一の神)」であるとする教え。
正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・プロテスタントといった大半の教派が、この教えを共有している。
上述の諸教会において、三位一体は、「三神」(三つの神々)ではない。
また「父と子と聖霊は、神の三つの様式でしかない」「神が三役をしている」といった考え(様態論)も否定される。
正教会(日本ハリストス正教会)では「至聖三者(しせいさんしゃ)」と訳される(但し「三位一体」の表記も用いられないわけではない)。
聖公会(日本聖公会)等では聖堂名・学園名など主に固有名詞の一部として、「聖三一」の語も使われる。
この語は、キリスト教神学を離れて、三者が心を合わせることや、3つのものを一つに併せることを指して用いられる場合もある。

三位一体論

『三位一体』より : 三位一体(さんみいったい、ギリシア語: Αγία Τριάδα, ラテン語: Trinitas, 英語: Trinity, ドイツ語: Dreifaltigkeit, ロシア語: Святая Троица)とは、キリスト教において「父」と「子(キリスト)」と「聖霊(聖神)」が「一体(唯一の神)」であるとする教え。
正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・プロテスタントといった大半の教派が、この教えを共有している。
上述の諸教会において、三位一体は、「三神」(三つの神々)ではない。
また「父と子と聖霊は、神の三つの様式でしかない」「神が三役をしている」といった考え(様態論)も否定される。
正教会(日本ハリストス正教会)では「至聖三者(しせいさんしゃ)」と訳される(但し「三位一体」の表記も用いられないわけではない)。
聖公会(日本聖公会)等では聖堂名・学園名など主に固有名詞の一部として、「聖三一」の語も使われる。
この語は、キリスト教神学を離れて、三者が心を合わせることや、3つのものを一つに併せることを指して用いられる場合もある。

三位一体の改革

三位一体の改革(さんみいったいのかいかく)は、日本において国と地方公共団体に関する行財政システムの3つの改革、すなわち「国庫補助負担金の廃止・縮減」「税財源の移譲」「地方交付税の一体的な見直し」をいう。
「三位一体の改革」というキーワードは経済財政諮問会議にて片山虎之助総務大臣より提示された(2002年)。
「三位一体改革」とも。
なお、「三位一体」はもともとキリスト教の教義にもとづくものであるが、それとは直接の関係はない。
経緯 2001年(平成13年)に成立した小泉純一郎内閣における聖域なき構造改革の一環として、「地方に出来る事は地方に、民間に出来る事は民間に」という小さな政府論を具現化する政策として推進されたものである。
国庫補助金改革・税源移譲による地方分権と、地方交付税の削減による財政再建をセットで行うこととした点にその特色があった。
2002年(平成14年)6月に閣議決定された「骨太の方針2002」において「三位一体」という言葉が初めて使用されるとともに、「国庫補助負担金、交付税、税源移譲を含む税源配分のあり方を三位一体で検討し、それらの望ましい姿とそこに至る具体的な改革工程を含む改革案を、今後一年以内を目途にとりまとめる」との方針が示された。

三位一体改革

『三位一体の改革』より : 三位一体の改革(さんみいったいのかいかく)は、日本において国と地方公共団体に関する行財政システムの3つの改革、すなわち「国庫補助負担金の廃止・縮減」「税財源の移譲」「地方交付税の一体的な見直し」をいう。
「三位一体の改革」というキーワードは経済財政諮問会議にて片山虎之助総務大臣より提示された(2002年)。
「三位一体改革」とも。
なお、「三位一体」はもともとキリスト教の教義にもとづくものであるが、それとは直接の関係はない。
経緯 2001年(平成13年)に成立した小泉純一郎内閣における聖域なき構造改革の一環として、「地方に出来る事は地方に、民間に出来る事は民間に」という小さな政府論を具現化する政策として推進されたものである。
国庫補助金改革・税源移譲による地方分権と、地方交付税の削減による財政再建をセットで行うこととした点にその特色があった。
2002年(平成14年)6月に閣議決定された「骨太の方針2002」において「三位一体」という言葉が初めて使用されるとともに、「国庫補助負担金、交付税、税源移譲を含む税源配分のあり方を三位一体で検討し、それらの望ましい姿とそこに至る具体的な改革工程を含む改革案を、今後一年以内を目途にとりまとめる」との方針が示された。

三位一体的定式

三位一体的定式(さんみいったいてきていしき、trinity formula、独 trinitarische Formel)とは、カール・マルクスが『資本論』第3巻で明らかにした分配関係。
三位一体範式などとも言う。
三位一体とはキリスト教における三位一体のことである。
資本主義における三大階級は資本家、地主、労働者であるが、古典派経済学では階級ごとの所得の源泉を資本─利子、土地─地代、労働─賃金、という3つの定式に分解し、資本家は資本を提供し、地主は土地を提供し、労働者は労働を提供し、それぞれ別々に対価を得ているとした。
このことは古典派経済学では理論化されているが、マルクスは、資本家や地主の所得の源泉は剰余価値であり、三位一体的定式は資本家や地主の搾取を隠蔽するものであるとして非難した。
マルクスによると、この誤解の原因は、商品経済における物神崇拝であるという。

三位一体的公式

『三位一体的定式』より : 三位一体的定式(さんみいったいてきていしき、trinity formula、独 trinitarische Formel)とは、カール・マルクスが『資本論』第3巻で明らかにした分配関係。
三位一体範式などとも言う。
三位一体とはキリスト教における三位一体のことである。
資本主義における三大階級は資本家、地主、労働者であるが、古典派経済学では階級ごとの所得の源泉を資本─利子、土地─地代、労働─賃金、という3つの定式に分解し、資本家は資本を提供し、地主は土地を提供し、労働者は労働を提供し、それぞれ別々に対価を得ているとした。
このことは古典派経済学では理論化されているが、マルクスは、資本家や地主の所得の源泉は剰余価値であり、三位一体的定式は資本家や地主の搾取を隠蔽するものであるとして非難した。
マルクスによると、この誤解の原因は、商品経済における物神崇拝であるという。

三位一体-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  3. 桜花爛漫(おうからんまん)
  4. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  5. 獅子奮迅(ししふんじん)
  6. 因果応報(いんがおうほう)
  7. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  8. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  9. 露館播遷(ろかんはせん)
  10. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  11. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  12. 四面楚歌(しめんそか)
  13. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  14. 切磋琢磨(せっさたくま)
  15. 酒池肉林(しゅちにくりん)
  16. 試行錯誤(しこうさくご)
  17. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  18. 故事成語(こじせいご)
  19. 一所懸命(いっしょけんめい)
  20. 一攫千金(いっかくせんきん)