『三武一宗』-四字熟語-壁紙/画像


三武一宗 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

三武一宗 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】さんぶいっそう

【意味】中国で、仏教徒を迫害した四人の天子。後魏の道武帝、北周の武帝、唐の武宗、後周の世宗の称。

三武一宗をLINEで送る

三武一宗の法難

三武一宗の法難(さんぶ いっそう の ほうなん)とは、中国で仏教を弾圧した事件の中で、規模も大きく、また後世への影響力も大きかった4人の皇帝による廃仏事件のことである。
各皇帝の廟号や諡号をとってこう呼ばれている。
三武一宗の廃仏とも。
廃仏の状況 北魏の太武帝と唐の武宗とは、道教を保護する一方で仏教を弾圧したが、北周の武帝は、道教も仏教もともに弾圧した。
その一方で、通道観という施設を新設し、仏教・道教を研究させている。
後に述べるように道教の保護だけに留まらず経済政策の意味もあった。
唐の武宗の仏教弾圧については、その元号をとって会昌の廃仏と呼ばれる。
4度の廃仏事件 北魏の太武帝(在位 : 423年 - 452年)の太平真君年間。
北周の武帝(在位 : 560年 - 578年)の建徳年間。
唐の武宗(在位 : 840年 - 846年)の会昌年間。
後周の世宗(在位 : 954年 - 959年)の顕徳年間。
各廃仏時の扇惑者とされる人物 北魏 : 崔浩(北魏の司徒)・寇謙之(道士) 北周 : 衛元嵩(還俗僧)・張賓(道士) 唐 : 李徳裕(唐の左僕射)・趙帰真(道士) 弾圧政策の内容 弾圧政策の具体的内容は、寺院の破壊(但し、必ずしも施設の破壊を意味する訳ではない。

三武一宗の廃仏

『三武一宗の法難』より : 三武一宗の法難(さんぶ いっそう の ほうなん)とは、中国で仏教を弾圧した事件の中で、規模も大きく、また後世への影響力も大きかった4人の皇帝による廃仏事件のことである。
各皇帝の廟号や諡号をとってこう呼ばれている。
三武一宗の廃仏とも。
廃仏の状況 北魏の太武帝と唐の武宗とは、道教を保護する一方で仏教を弾圧したが、北周の武帝は、道教も仏教もともに弾圧した。
その一方で、通道観という施設を新設し、仏教・道教を研究させている。
後に述べるように道教の保護だけに留まらず経済政策の意味もあった。
唐の武宗の仏教弾圧については、その元号をとって会昌の廃仏と呼ばれる。
4度の廃仏事件 北魏の太武帝(在位 : 423年 - 452年)の太平真君年間。
北周の武帝(在位 : 560年 - 578年)の建徳年間。
唐の武宗(在位 : 840年 - 846年)の会昌年間。
後周の世宗(在位 : 954年 - 959年)の顕徳年間。
各廃仏時の扇惑者とされる人物 北魏 : 崔浩(北魏の司徒)・寇謙之(道士) 北周 : 衛元嵩(還俗僧)・張賓(道士) 唐 : 李徳裕(唐の左僕射)・趙帰真(道士) 弾圧政策の内容 弾圧政策の具体的内容は、寺院の破壊(但し、必ずしも施設の破壊を意味する訳ではない。

三武一宗-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 四夷八蛮(しいはちばん)
  2. 獅子奮迅(ししふんじん)
  3. 三武一宗(さんぶいっそう)
  4. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  5. 慈悲忍辱(じひにんにく)
  6. 桜花爛漫(おうからんまん)
  7. 一切皆苦(いっさいかいく)
  8. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  9. 重厚長大(じゅうこうちょうだい)
  10. 官官接待(かんかんせったい)
  11. 含沙射影(がんしゃせきえい)
  12. 一旦一夕(いったんいっせき)
  13. 尸位素餐(しいそさん)
  14. 極楽往生(ごくらくおうじょう)
  15. 結跏趺坐(けっかふざ)
  16. 迅速果断(じんそくかだん)
  17. 切磋琢磨(せっさたくま)
  18. 戮力協心(りくりょくきょうしん)
  19. 一心不乱(いっしんふらん)
  20. 一撃必殺(いちげきひっさつ)