スポンサーリンク

『一世一元』-四字熟語-壁紙/画像


一世一元 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】いっせいちげん

【意味】天皇一代の年号を一つだけに定めること。明治から始まった。

一世一元をLINEで送る

一世一元

『一世一元の制』より : 一世一元の制(いっせいいちげんのせい)とは、元号を君主(皇帝、天皇、国王)の在位中には変えない制度をいう。
中国 1368年、紅巾軍の首領・朱元璋が南京で即位して明朝を樹立し、この年を「洪武元年」とした時に一世一元の制を採用した。
明朝成立前の時代は、人心の一新を目的とする改元もしばしば行われていた。
明の次の王朝である清朝も、明朝の一世一元の制を継承した。
但し、明朝と清朝は、君主が交代してもすぐには改元せず、君主が交代した年の翌年元日から新元号が適用される「越年改元」が普通であった。
なお清の冊封国であったベトナムでは、1802年に阮朝が建てられるとともに一世一元の制が行なわれた。
日本 日本で一世一元の制が実施された時期は、明治維新に当たる1868年の慶応から明治への改元からであり、それ以前は天皇の在位中にも災害など様々な理由によりしばしば改元が行なわれていた。

一世一元の詔

一世一元の詔(いっせいいちげんのみことのり)は、慶応4年9月8日(グレゴリオ暦 1868年10月23日)、慶応4年を改めて明治元年とするとともに、天皇一代に元号一つという一世一元の制を定めた詔。
明治改元の詔ともいう。
国立国会図書館が運営する日本法令索引〔明治前期編〕では、昭和54年(1979年)に元号法制定によって一世一元の詔は効力が消滅したとされているが、法務省大臣官房司法法制調査部編集『現行日本法規』では、明治32年(1899年)の旧皇室典範の制定により失効したとされている。
原文の書き下し文 「太乙を体して位に登り、景命を膺けて以て元を改む。
洵に聖代の典型にして、万世の標準なり。
朕、否徳と雖も、幸に祖宗の霊に頼り、祇みて鴻緒を承け、躬万機の政を親す。
乃ち元を改めて、海内の億兆と与に、更始一新せむと欲す。
其れ慶応四年を改めて、明治元年と為す。
今より以後、旧制を革易し、一世一元、以て永式と為す。
主者施行せよ。
」 注釈 関連項目 元号 改元 元号法 明治天皇 明治維新。

一世一元の制

一世一元の制(いっせいいちげんのせい)とは、元号を君主(皇帝、天皇、国王)の在位中には変えない制度をいう。
中国 1368年、紅巾軍の首領・朱元璋が南京で即位して明朝を樹立し、この年を「洪武元年」とした時に一世一元の制を採用した。
明朝成立前の時代は、人心の一新を目的とする改元もしばしば行われていた。
明の次の王朝である清朝も、明朝の一世一元の制を継承した。
但し、明朝と清朝は、君主が交代してもすぐには改元せず、君主が交代した年の翌年元日から新元号が適用される「越年改元」が普通であった。
なお清の冊封国であったベトナムでは、1802年に阮朝が建てられるとともに一世一元の制が行なわれた。
日本 日本で一世一元の制が実施された時期は、明治維新に当たる1868年の慶応から明治への改元からであり、それ以前は天皇の在位中にも災害など様々な理由によりしばしば改元が行なわれていた。

一世一元制

『一世一元の制』より : 一世一元の制(いっせいいちげんのせい)とは、元号を君主(皇帝、天皇、国王)の在位中には変えない制度をいう。
中国 1368年、紅巾軍の首領・朱元璋が南京で即位して明朝を樹立し、この年を「洪武元年」とした時に一世一元の制を採用した。
明朝成立前の時代は、人心の一新を目的とする改元もしばしば行われていた。
明の次の王朝である清朝も、明朝の一世一元の制を継承した。
但し、明朝と清朝は、君主が交代してもすぐには改元せず、君主が交代した年の翌年元日から新元号が適用される「越年改元」が普通であった。
なお清の冊封国であったベトナムでは、1802年に阮朝が建てられるとともに一世一元の制が行なわれた。
日本 日本で一世一元の制が実施された時期は、明治維新に当たる1868年の慶応から明治への改元からであり、それ以前は天皇の在位中にも災害など様々な理由によりしばしば改元が行なわれていた。

スポンサーリンク

一世一元-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード



その他の四字熟語



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 和魂洋才(わこんようさい)
  2. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  3. 一攫千金(いっかくせんきん)
  4. 阿鼻地獄(あびじごく)
  5. 因果応報(いんがおうほう)
  6. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  7. 天地無用(てんちむよう)
  8. 三跪九叩(さんききゅうこう)
  9. 永字八法(えいじはっぽう)
  10. 海底撈月(かいていろうげつ)
  11. 厭離穢土(えんりえど・おんりえど)
  12. 人身御供(ひとみごくう)
  13. 市松模様(いちまつもよう)
  14. 天下無双(てんかむそう)
  15. 極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ)
  16. 酒池肉林(しゅちにくりん)
  17. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  18. 電光石火(でんこうせっか)
  19. 切磋琢磨(せっさたくま)
  20. 一粒万倍(いちりゅうまんばい)

スポンサーリンク