『一水四見』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「一水四見(いっすいしけん)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

一水四見 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一水四見 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いっすいしけん

【意味】同じ水でも見るものが違えば、いろいろな解釈が出来るということ。一月三舟。人間にとっての河(=水)は、天人にとっては歩くことができる水晶の床、魚にとっては己の住みか、餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ。

一水四見をLINEで送る

一水四見

一水四見(いっすいしけん)とは唯識のものの見方。

認識の主体が変われば認識の対象も変化することの例え。

人間にとっての水は
天人にとっては歩くことができる水晶の床
魚にとっては己の住みか
餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ
というように、見る者によって全く違ったものとして現れるという。

似たようなものに次のような古歌がある。

手を打てば鳥は飛び立つ鯉は寄る 女中茶を持つ猿沢の池
猿沢の池のほとりの興福寺は唯識を研究する法相宗の本山でもある。

唯識 いちすいしけん
世界観 いちすいしけん

一水四見-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 竜躍雲津(りゅうやくうんしん・りょうやくうんしん)
  2. 班門弄斧(はんもんろうふ)
  3. 晨星落落(しんせいらくらく)
  4. 高鳳漂麦(こうほうひょうばく)
  5. 現代社会(げんだいしゃかい)
  6. 末法思想(まっぽうしそう)
  7. 判官贔屓(はんがんびいき)
  8. 相乗効果(そうじょうこうか)
  9. 天衣無縫(てんいむほう)
  10. 南華之悔(なんかのくい)
  11. 本領発揮(ほんりょうはっき)
  12. 宿契之限(しゅっけいのかぎり)
  13. 異類異形(いるいいぎょう)
  14. 一味同心(いちみどうしん)
  15. 一諾千金(いちだくせんきん)
  16. 閻浮檀金(えんぶだごん・えんぶだんごん)
  17. 兵強馬壮(へいきょうばそう)
  18. 仏足石歌(ぶっそくせきか)
  19. 涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)
  20. 虚虚実実(きょきょじつじつ)