『一水四見』-四字熟語-壁紙/画像


一水四見 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一水四見 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いっすいしけん

【意味】同じ水でも見るものが違えば、いろいろな解釈が出来るということ。一月三舟。人間にとっての河(=水)は、天人にとっては歩くことができる水晶の床、魚にとっては己の住みか、餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ。

一水四見をLINEで送る

一水四見

一水四見(いっすいしけん)とは唯識のものの見方。

認識の主体が変われば認識の対象も変化することの例え。

人間にとっての水は
天人にとっては歩くことができる水晶の床
魚にとっては己の住みか
餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ
というように、見る者によって全く違ったものとして現れるという。

似たようなものに次のような古歌がある。

手を打てば鳥は飛び立つ鯉は寄る 女中茶を持つ猿沢の池
猿沢の池のほとりの興福寺は唯識を研究する法相宗の本山でもある。

唯識 いちすいしけん
世界観 いちすいしけん

一水四見-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 起承転結(きしょうてんけつ)
  2. 創業守成(そうぎょうしゅせい)
  3. 恍恍惚惚(こうこうこつこつ)
  4. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  5. 風林火山(ふうりんかざん)
  6. 半官半民(はんかんはんみん)
  7. 鸞翔鳳集(らんしょうほうしゅう)
  8. 嫗伏孕鬻(おうふうよういく)
  9. 判官贔屓(はんがんびいき)
  10. 祭政一致(さいせいいっち)
  11. 櫪馬籠禽(れきばろうきん)
  12. 天変地異(てんぺんちい)
  13. 塗炭之苦(とたんのくるしみ)
  14. 永代供養(えいたいくよう)
  15. 青天白日(せいてんはくじつ)
  16. 間関流離(かんかんりゅうり)
  17. 官官接待(かんかんせったい)
  18. 夢幻泡影(むげんほうえい)
  19. 陳勝呉広(ちんしょうごこう)
  20. 無間地獄(むげんじごく)