『一水四見』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「一水四見(いっすいしけん)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

一水四見 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一水四見 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いっすいしけん

【意味】同じ水でも見るものが違えば、いろいろな解釈が出来るということ。一月三舟。人間にとっての河(=水)は、天人にとっては歩くことができる水晶の床、魚にとっては己の住みか、餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ。

一水四見をLINEで送る

一水四見

一水四見(いっすいしけん)とは唯識のものの見方。

認識の主体が変われば認識の対象も変化することの例え。

人間にとっての水は
天人にとっては歩くことができる水晶の床
魚にとっては己の住みか
餓鬼にとっては炎の燃え上がる膿の流れ
というように、見る者によって全く違ったものとして現れるという。

似たようなものに次のような古歌がある。

手を打てば鳥は飛び立つ鯉は寄る 女中茶を持つ猿沢の池
猿沢の池のほとりの興福寺は唯識を研究する法相宗の本山でもある。

唯識 いちすいしけん
世界観 いちすいしけん

一水四見-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  3. 獅子奮迅(ししふんじん)
  4. 桜花爛漫(おうからんまん)
  5. 四夷八蛮(しいはちばん)
  6. 一所懸命(いっしょけんめい)
  7. 永字八法(えいじはっぽう)
  8. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  9. 因果関係(いんがかんけい)
  10. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  11. 金烏玉兎(きんうぎょくと)
  12. 賞味期限(しょうみきげん)
  13. 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  14. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  15. 永劫回帰(えいごうかいき)
  16. 露館播遷(ろかんはせん)
  17. 満場一致(まんじょういっち)
  18. 試行錯誤(しこうさくご)
  19. 厭離穢土(おんりえど・えんりえど)
  20. 一攫千金(いっかくせんきん)