『歳寒三友』-四字熟語-壁紙/画像


歳寒三友 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

歳寒三友 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】さいかん(の)・さんゆう

【意味】冬の寒い季節に友とすべき三つのもの。松・竹・梅。また、梅・水仙・竹。多く画題となっている。また、乱世に友とすべき山水・松竹・琴酒をいうこともある。

歳寒三友をLINEで送る

歳寒三友

歳寒三友(さいかんのさんゆう)は、宋代より始まった、中国の文人画で好まれる画題のひとつであり、具体的には松・竹・梅の三つをさす。
三つ一緒に描かれることも多いが、単体でも好んで描かれる。
日本では「松竹梅(しょうちくばい)」と呼ばれる。
松と竹は寒中にも色褪せず、また梅は寒中に花開く。
これらは「清廉潔白・節操」という、文人の理想を表現したものと認識された。
日本に伝わったのは平安時代であり、江戸時代以降に民間でも流行するが、「松竹梅」といえば「目出度い」ことの象徴と考えられており、本来の、中国の認識とは大きく異なっている。
始原と考えられているのは、中国の宋代において、文同、蘇軾等が竹を水墨画の主題として描き始め、後、梅・蘭・菊・松と画題の広がりを見せていく。
その中でも、松・竹・梅の三者が前記理由で特に頻繁に取り上げられていくのである。
元・明代には、陶磁器に描かれる主題としても好まれるようになる。
日本においては、主に陶磁器・漆器・染織に描かれることが多い。
また、門松・雛飾りそして婚礼・出産等の慶事に用いられる主題として民間に定着し、「鶴亀」等の主題と組み合わせて用いられることもある。

歳寒三友-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 隔岸観火(かくがんかんか)
  2. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  3. 年中行事(ねんちゅうぎょうじ)
  4. 永世中立(えいせいちゅうりつ)
  5. 臨機応変(りんきおうへん)
  6. 恍然自失(こうぜんじしつ)
  7. 四月馬鹿(しがつばか)
  8. 感恩戴徳(かんおんたいとく)
  9. 電光石火(でんこうせっか)
  10. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  11. 天地開闢(てんちかいびゃく)
  12. 切磋琢磨(せっさたくま)
  13. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  14. 歳寒三友(さいかん(の)・さんゆう)
  15. 引喩失義(いんゆしつぎ)
  16. 一攫千金(いっかくせんきん)
  17. 易姓革命(えきせいかくめい)
  18. 適者生存(てきしゃせいぞん)
  19. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  20. 万物斉同(ばんぶつせいどう)