スポンサーリンク

『一所懸命』-四字熟語-壁紙/画像


一所懸命 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】いっしょけんめい

【意味】命がけで物事に取り組む様子。全力で物事に取り組む様子。中世の日本で、幕府から賜った一か所の領地を命がけで守ることをいった言葉。

一所懸命をLINEで送る

一所懸命の土地

一所懸命の土地 (いっしょけんめいのとち)は、中世日本において各々の在地領主が本貫とした土地であり、命をかけて最後まで守り抜く覚悟を持った土地をいう。
その土地の地名を名字として名乗ることが多い。
古代末期ごろ、在地の富豪層の中から自分で土地を開墾し、その土地に何らかの権利を有する開発領主と呼ばれる階層が出現した。
開発領主のうち、国司などとして下向してきた軍事貴族と関係を結び、武装して初期の武士となる者も現れた。
こうした武士は特に関東に多く、先祖から受け継いだ土地を自身の命より大切に考え、子孫に伝えようとする傾向が強く見られた。
例えば、「十訓抄」(十巻)や「古事談」(四巻)に紹介された、佐藤季春事件(1140)はその代表例の一つでもある。
それによれば奥州藤原氏二代基衡は、南奥州の防御の要として、現在の福島市飯坂に佐藤季春(源義経忠臣、佐藤継信・佐藤忠信先祖)という人物を置いていて、奥州藤原氏累代の重臣であり、藤原基衡とは乳兄弟で幼なじみでもあったのだが、当時の陸奥守で鎮守府将軍の藤原師綱(赴任1139年-1143年頃)が、奥州藤原氏の資金の源である荘園の上がりを徹底調査しようとして、信夫庄(現在の福島市)に検察使送って調べようとした。

スポンサーリンク

一所懸命-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード



その他の四字熟語



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 桜花爛漫(おうからんまん)
  2. 百鬼夜行(ひゃっきやぎょう・ひゃっきやこう)
  3. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  4. 獅子奮迅(ししふんじん)
  5. 捲土重来(けんどじゅうらい・けんどちょうらい)
  6. 一攫千金(いっかくせんきん)
  7. 露館播遷(ろかんはせん)
  8. 三寒四温(さんかんしおん)
  9. 賢君忠臣(けんくんちゅうしん)
  10. 医食同源(いしょくどうげん)
  11. 疑心暗鬼(ぎしんあんき)
  12. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  13. 千射万箭(せんしゃばんせん)
  14. 八紘一宇(はっこういちう)
  15. 朝令暮改(ちょうれいぼかい)
  16. 正当防衛(せいとうぼうえい)
  17. 一念通天(いちねんつうてん)
  18. 一世風靡(いっせいふうび)
  19. 切磋琢磨(せっさたくま)
  20. 電光石火(でんこうせっか)

スポンサーリンク