『一生懸命』-四字熟語-壁紙/画像


一生懸命 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一生懸命 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「一生懸命(いっしょうけんめい)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】いっしょうけんめい

【意味】全力で物事に取り組む様子。命がけで物事に取り組む様子。「一所懸命」が変化した言葉。

一生懸命をLINEで送る

一生懸命の土地

『一所懸命の土地』より : 一所懸命の土地 (いっしょけんめいのとち)は、中世日本において各々の在地領主が本拠とした土地であり、命をかけて最後まで守り抜く覚悟を持った土地をいう。
その土地の地名を名字として名乗ることが多い。

古代末期ごろ、在地の富豪層の中から自分で土地を開墾し、その土地に何らかの権利を有する開発領主と呼ばれる階層が出現した。
開発領主のうち、国司などとして下向してきた軍事貴族と関係を結び、武装して初期の武士となる者も現れた。
こうした武士は特に関東に多く、先祖から受け継いだ土地を自身の命より大切に考え、子孫に伝えようとする傾向が強く見られた。

やがて中世後期になると、武士たちは戦国大名など領主層の家臣団として組み込まれていき、領地替え・国替えが行われることも、珍しくなくなった。
しかし、先祖代々継承してきた土地に強い執着があった武士の一部は、主君の領地替えに隋従せずに武士身分を捨て浪人となり、その土地に農民として土着して残る者も出た。

一生懸命-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 四夷八蛮(しいはちばん)
  2. 脚踏実地(きゃくとうじっち)
  3. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 一切皆苦(いっさいかいく)
  6. 天地無用(てんちむよう)
  7. 尊王攘夷(そんのうじょうい)
  8. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  9. 本地垂迹(ほんじすいじゃく)
  10. 鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)
  11. 四書五経(ししょごきょう)
  12. 黄道吉日(こうどうきちじつ)
  13. 往古来今(おうこらいこん)
  14. 三十六計(さんじゅうろっけい)
  15. 真実一路(しんじついちろ)
  16. 女人禁制(にょにんきんせい)
  17. 電光石火(でんこうせっか)
  18. 陰陽五行(いんようごぎょう)
  19. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  20. 桜花爛漫(おうからんまん)