『四六駢儷』-四字熟語-壁紙/画像


四六駢儷 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

四六駢儷 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】しろくべんれい

【意味】四字句と六字句の対句を多く用いた修辞的な文体。

四六駢儷をLINEで送る

四六駢儷文

『駢文』より : 駢文(べんぶん)とは、中国の文語文における文体の一つ。
「駢体」または「駢体文」ともいう。
散文・韻文に対立する文体で、魏・晋のころに形成され、六朝時代から唐にかけて盛行した。
「駢」とは2頭の馬が並んでいることを表し、対句を基本とする文体であることを意味している。
「駢儷文」(べんれいぶん)あるいは「駢儷体」ということもあるが、「儷」(または「麗」)もまた「ならぶ」という意味である。
また1句の字数が、4字句または6字句を基調とするため、「四六文」(しろくぶん)とも呼ばれた。
「四六」の語は晩唐から使われはじめ、宋から明にかけて使われた。
「駢文」の名は用いられるようになったのは清代においてである。
これらを合わせて「四六駢儷文」または「四六駢儷体」と呼ぶこともある。
また「駢四儷六」ともいう。
さらに駢文の中には、平仄など韻律面を整えたものもある。
例として、王勃「滕王閣序」の以下の部分においては、次のような対句や平仄の構造をしている。
馮唐易老 (平平仄仄) 名詞(人名)+副詞+動詞 李広難封 (仄仄平平) 名詞(人名)+副詞+動詞 屈賈誼於長沙 (仄仄仄-平平平) 動詞+名詞(人名)+介詞+名詞(地名) 非無聖主 (平平仄仄) 否定副詞+形容詞(数量)+名詞 竄梁鴻於海曲 (仄平平-平仄仄) 動詞+名詞(人名)+介詞+名詞(地名) 豈乏明時 (仄仄平平) 否定副詞+形容詞(数量)+名詞内容的には典故や装飾的な修辞を多用する点に特徴がある。

四六駢儷体

『駢文』より : 駢文(べんぶん)とは、中国の文語文における文体の一つ。
「駢体」または「駢体文」ともいう。
散文・韻文に対立する文体で、魏・晋のころに形成され、六朝時代から唐にかけて盛行した。
「駢」とは2頭の馬が並んでいることを表し、対句を基本とする文体であることを意味している。
「駢儷文」(べんれいぶん)あるいは「駢儷体」ということもあるが、「儷」(または「麗」)もまた「ならぶ」という意味である。
また1句の字数が、4字句または6字句を基調とするため、「四六文」(しろくぶん)とも呼ばれた。
「四六」の語は晩唐から使われはじめ、宋から明にかけて使われた。
「駢文」の名は用いられるようになったのは清代においてである。
これらを合わせて「四六駢儷文」または「四六駢儷体」と呼ぶこともある。
また「駢四儷六」ともいう。
さらに駢文の中には、平仄など韻律面を整えたものもある。
例として、王勃「滕王閣序」の以下の部分においては、次のような対句や平仄の構造をしている。
馮唐易老 (平平仄仄) 名詞(人名)+副詞+動詞 李広難封 (仄仄平平) 名詞(人名)+副詞+動詞 屈賈誼於長沙 (仄仄仄-平平平) 動詞+名詞(人名)+介詞+名詞(地名) 非無聖主 (平平仄仄) 否定副詞+形容詞(数量)+名詞 竄梁鴻於海曲 (仄平平-平仄仄) 動詞+名詞(人名)+介詞+名詞(地名) 豈乏明時 (仄仄平平) 否定副詞+形容詞(数量)+名詞内容的には典故や装飾的な修辞を多用する点に特徴がある。

四六駢儷-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 起承転結(きしょうてんけつ)
  2. 創業守成(そうぎょうしゅせい)
  3. 風林火山(ふうりんかざん)
  4. 恍恍惚惚(こうこうこつこつ)
  5. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  6. 炉辺談話(ろへんだんわ)
  7. 祭政一致(さいせいいっち)
  8. 西施捧心(せいしほうしん)
  9. 期間限定(きかんげんてい)
  10. 弩張剣抜(どちょうけんばつ)
  11. 鑑往知来(かんおうちらい)
  12. 神出鬼没(しんしゅつきぼつ)
  13. 富国強兵(ふこくきょうへい)
  14. 碧血丹心(へきけつたんしん)
  15. 魯陽之戈(ろようのほこ)
  16. 有名無実(ゆうめいむじつ)
  17. 官官接待(かんかんせったい)
  18. 間関流離(かんかんりゅうり)
  19. 品性高潔(ひんせいこうけつ)
  20. 一味爽涼(いちみそうりょう)