『諸行無常』-四字熟語-壁紙/画像


諸行無常 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

諸行無常 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「諸行無常(しょぎょうむじょう)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】しょぎょうむじょう

【意味】仏教の根本思想で、三法印の一。万物は常に変化して少しの間もとどまらないということ。また、雪山偈「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」の初句。

諸行無常をLINEで送る

諸行無常

諸行無常(しょぎょうむじょう、パーリ語: सब्बे संखारा अनिच्चा, sabbe saṅkhārā aniccā)とは、仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。
「諸行」は、この世の一切の事物と現象を指し(有為法)「無常」とは、一切は常に変化し、不変のものはないという意味。
宋代の仏教書『景徳伝灯録』によれば、釈迦牟尼仏が入滅に際し、沙羅双樹の木の下で説いた言葉と伝えられる。
三法印、四法印のひとつ。
解説 仏教の根本思想をなすもので、あらゆるものは刹那(一瞬=きわめて短い時間)の間にも変化をくり返している。
仏法の大網『三法印』の一つで、三法印は、「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」の3つからなる。
涅槃経に「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅爲樂」とあり、これを諸行無常偈と呼ぶ。
釈迦が前世における雪山童子であった時、この中の後半偈を聞く為に身を羅刹に捨てしなり。
これより雪山偈とも言われる。
「諸行は無常であってこれは生滅の法であり、生滅の法は苦である。

諸行無常-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 快刀乱麻(かいとうらんま)
  4. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  5. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  6. 阿鼻地獄(あびじごく)
  7. 三権分立(さんけんぶんりつ)
  8. 十人十色(じゅうにんといろ)
  9. 百舎重繭(ひゃくしゃちょうけん)
  10. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  11. 一世一元(いっせいちげん)
  12. 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  13. 瓦釜雷鳴(がふらいめい)
  14. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  15. 風林火山(ふうりんかざん)
  16. 人間不信(にんげんふしん)
  17. 一致団結(いっちだんけつ)
  18. 試行錯誤(しこうさくご)
  19. 疾風怒濤(しっぷうどとう)
  20. 夢幻泡影(むげんほうよう)