『一切皆苦』-四字熟語-壁紙/画像


一切皆苦 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一切皆苦 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「一切皆苦(いっさいかいく)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】いっさいかいく

【意味】仏教における四法印の一つ。全てのものは苦であるということ。

一切皆苦をLINEで送る

一切皆苦

一切皆苦(いっさいかいく)(sabbe saGkhaaraa dukkhaa)とは、仏教における四法印の一つである。
正しくは「一切行苦」と漢訳する。
初期の経典に「色は苦なり」「受想行識も苦なり」としばしば説かれている。
これを「一切皆苦」と言う。
「苦」の原語は、パーリ語ではドゥッカ(dukkha)であり、パーリー語の場合には単に、日本語の「苦しい」という意味だけではなく、「不満」といったニュアンスも持つ阿毘達磨(アビダルマ)文献によれば、苦は「逼悩」の義と定義される。
「圧迫して(○○○○○に)悩まされる」という意である。
この苦には二つの用法がある。
一つは楽や不苦不楽に対する苦であり、他は「一切皆苦」といわれるときの苦である。
前者は日常的感覚における苦受であり、肉体的な身苦(苦)と精神的な心苦(憂)に分けられることもある。
しかしながら、精神的苦痛が苦であることはいうまでもないが、楽もその壊れるときには苦となり、不苦不楽もすべては無常であって生滅変化を免れえないからこそ苦であるとされ、これを苦苦・壊苦・行苦の三苦という。

一切皆苦-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. >
  2. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  3. 四夷八蛮(しいはちばん)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 三武一宗(さんぶいっそう)
  6. 結跏趺坐(けっかふざ)
  7. 三十二相(さんじゅうにそう)
  8. 一騎当千(いっきとうせん)
  9. 桜花爛漫(おうからんまん)
  10. 賞味期限(しょうみきげん)
  11. 風林火山(ふうりんかざん)
  12. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  13. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  14. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  15. 仙洞御所(せんとうごしょ)
  16. 電光石火(でんこうせっか)
  17. 一妻多夫(いっさいたふ)
  18. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  19. 会者定離(えしゃじょうり)
  20. 故事成語(こじせいご)