『士農工商』-四字熟語-壁紙/画像


士農工商 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

士農工商 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】しのうこうしょう

【意味】江戸時代の基本的身分制度。武士・農民・職人・商人をいう。工・商は一括して町人と呼ばれた。

士農工商をLINEで送る

士農工商

士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会の主要な構成要素(官吏・農民・職人・商人)を指す概念である。
「四民」ともいう。
日本では、近代になり江戸時代の身分制度を意味すると捉えられるようになったが、1990年代ごろから実証的研究が進み、誤った認識であることが理解されるようになった。
士農工商(四民)は、古代中国から用いられた言葉で、紀元前1000年頃には既に見られる。
意味としては、漢書に「士農工商、四民に業あり」とあるように、「民」の職業は4種類に大別されるということになる。
そして、これを連続して表記することで、「老若男女」のように、あらゆる職業の民、つまり「民全体」または「みんな」といった意味で使われる。
近世日本では、遅くとも17世紀半ばまでに「士」が武士を意味するように意味が改変されて受け入れられた。
また、近代以降には「士農工商」が近世の身分制とその支配・上下関係を表す用語として認識されるようになった。
しかし、1990年代になると近世史の研究が進み、士農工商という身分制度や上下関係は存在しないことが実証的研究から明らかとなり、2000年代には「士農工商」の記述は教科書から外されるようになった。

士農工商穢多非人

『士農工商』より : 士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会の主要な構成要素(官吏・農民・職人・商人)を指す概念である。
「四民」ともいう。
日本では、近代になり江戸時代の身分制度を意味すると捉えられるようになったが、1990年代ごろから実証的研究が進み、誤った認識であることが理解されるようになった。
士農工商(四民)は、古代中国から用いられた言葉で、紀元前1000年頃には既に見られる。
意味としては、漢書に「士農工商、四民に業あり」とあるように、「民」の職業は4種類に大別されるということになる。
そして、これを連続して表記することで、「老若男女」のように、あらゆる職業の民、つまり「民全体」または「みんな」といった意味で使われる。
近世日本では、遅くとも17世紀半ばまでに「士」が武士を意味するように意味が改変されて受け入れられた。
また、近代以降には「士農工商」が近世の身分制とその支配・上下関係を表す用語として認識されるようになった。
しかし、1990年代になると近世史の研究が進み、士農工商という身分制度や上下関係は存在しないことが実証的研究から明らかとなり、2000年代には「士農工商」の記述は教科書から外されるようになった。

士農工商-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 起承転結(きしょうてんけつ)
  2. 創業守成(そうぎょうしゅせい)
  3. 万世一系(ばんせいいっけい)
  4. 粉飾決算(ふんしょくけっさん)
  5. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  6. 恍恍惚惚(こうこうこつこつ)
  7. 風林火山(ふうりんかざん)
  8. 塗炭之苦(とたんのくるしみ)
  9. 泰然自若(たいぜんじじゃく)
  10. 三跪九叩(さんききゅうこう)
  11. 罵詈雑言(ばりぞうごん)
  12. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  13. 雲外蒼天(うんがいそうてん)
  14. 聖人君子(せいじんくんし)
  15. 梅木分限(うめのきぶげん)
  16. 弩張剣抜(どちょうけんばつ)
  17. 一部始終(いちぶしじゅう)
  18. 西施捧心(せいしほうしん)
  19. 河図洛書(かとらくしょ)
  20. 竜拿虎擲(りゅうだこてき・りょうだこてき)