『疾風怒濤』-四字熟語-壁紙/画像


疾風怒濤 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

疾風怒濤 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「疾風怒濤(しっぷうどとう)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】しっぷうどとう

【意味】激しい風と荒れ狂う波の意。時代が激しく変化することの形容。18世紀後半にドイツで見られた革新的な文学運動シュトゥルム・ウント・ドラングの訳語。

疾風怒濤をLINEで送る

疾風怒濤

『シュトゥルム・ウント・ドラング』より : シュトゥルム・ウント・ドラング(独:Sturm und Drang) とは、18世紀後半にドイツで見られた革新的な文学運動である。
この名称は、ドイツの劇作家であるフリードリヒ・マクシミリアン・クリンガーが1776年に書いた同名の戯曲に由来している。
時期は、1767年から1785年までとする見方がもっぱらであるが、1769年から1786年、もしくは1765年から1795年とする見方もされる。
古典主義や啓蒙主義に異議を唱え、理性に対する感情の優越を主張し、後のロマン主義へとつながっていった。
代表的な作品として、ゲーテの史劇『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(1773年)や小説『若きウェルテルの悩み』(1774年)、シラーの戯曲『群盗』(1781年)や悲劇『たくらみと恋』(1784年)など。
クラシック音楽では中期のハイドンの名が挙げられる。
日本でのシュトゥルム・ウント・ドラングは「疾風怒濤」と和訳されたために「嵐と大波」という意味で理解されることも多いが、ドイツ語から直訳するならば「嵐と衝動」が正しい。

疾風怒濤運動

『シュトゥルム・ウント・ドラング』より : シュトゥルム・ウント・ドラング(独:Sturm und Drang) とは、18世紀後半にドイツで見られた革新的な文学運動である。
この名称は、ドイツの劇作家であるフリードリヒ・マクシミリアン・クリンガーが1776年に書いた同名の戯曲に由来している。
時期は、1767年から1785年までとする見方がもっぱらであるが、1769年から1786年、もしくは1765年から1795年とする見方もされる。
古典主義や啓蒙主義に異議を唱え、理性に対する感情の優越を主張し、後のロマン主義へとつながっていった。
代表的な作品として、ゲーテの史劇『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(1773年)や小説『若きウェルテルの悩み』(1774年)、シラーの戯曲『群盗』(1781年)や悲劇『たくらみと恋』(1784年)など。
クラシック音楽では中期のハイドンの名が挙げられる。
日本でのシュトゥルム・ウント・ドラングは「疾風怒濤」と和訳されたために「嵐と大波」という意味で理解されることも多いが、ドイツ語から直訳するならば「嵐と衝動」が正しい。

疾風怒濤-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. >
  2. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  3. 四夷八蛮(しいはちばん)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 結跏趺坐(けっかふざ)
  6. 三武一宗(さんぶいっそう)
  7. 三十二相(さんじゅうにそう)
  8. 一騎当千(いっきとうせん)
  9. 桜花爛漫(おうからんまん)
  10. 賞味期限(しょうみきげん)
  11. 風林火山(ふうりんかざん)
  12. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  13. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  14. 仙洞御所(せんとうごしょ)
  15. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  16. 電光石火(でんこうせっか)
  17. 一妻多夫(いっさいたふ)
  18. 会者定離(えしゃじょうり)
  19. 故事成語(こじせいご)
  20. 有言実行(ゆうげんじっこう)