『四神相応』-四字熟語-壁紙/画像


四神相応 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

四神相応 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】しじんそうおう

【意味】風水における好適地の条件のこと。四神相応の地とは、背後に高い山(玄武)、前方に海・河川などの水が配置され(朱雀)、左右に丘陵や低い山(青龍・白虎)が囲む形状のものを指す。

四神相応をLINEで送る

四神相応

四神相応(しじんそうおう)は、東アジア・中華文明圏において、大地の四方の方角を司る「四神」の存在に最もふさわしいと伝統的に信じられてきた地勢や地相のことをいう。
四地相応ともいう。
なお四神の中央に「黄竜」(おうりゅう)、あるいは麒麟を加えたものが「五神」(ごじん) と呼ばれている。
ただし現代では、その四神と現実の地形との対応付けについて、中国や韓国・朝鮮と日本では大きく異なっている。
中国・韓国 中国や韓国における風水の四神相応は、背後に山、前方に海、湖沼、河川の水(すい)が配置されている背山臨水の地を、左右から砂(さ)と呼ばれる丘陵もしくは背後の山よりも低い山で囲むことで蔵風聚水(風を蓄え水を集める)の形態となっているものをいう。
この場合の四神は、背後の山が玄武、前方の水が朱雀、玄武を背にして左側の砂が青龍、右側が白虎である。
日本の平安京においても、北の丹波高地を玄武、東の大文字山を青龍砂、西の嵐山を白虎砂、南にあった巨椋池を朱雀とする対応付けが可能で、背山臨水を左右から砂で守るという風水の観点から正しく京都は四神相応の地であった。

四神相応-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 隔岸観火(かくがんかんか)
  2. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  3. 臨機応変(りんきおうへん)
  4. 年中行事(ねんちゅうぎょうじ)
  5. 恍然自失(こうぜんじしつ)
  6. 切磋琢磨(せっさたくま)
  7. 感恩戴徳(かんおんたいとく)
  8. 引喩失義(いんゆしつぎ)
  9. 一攫千金(いっかくせんきん)
  10. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  11. 四月馬鹿(しがつばか)
  12. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  13. 永世中立(えいせいちゅうりつ)
  14. 万物斉同(ばんぶつせいどう)
  15. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  16. 電光石火(でんこうせっか)
  17. 吐気揚眉(ときようび)
  18. 忠魂義胆(ちゅうこんぎたん)
  19. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  20. 臨淵羨魚(りんえんせんぎょ)