『仙洞御所』-四字熟語-壁紙/画像


仙洞御所 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

仙洞御所 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「仙洞御所(せんとうごしょ)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】せんとうごしょ

【意味】上皇・法皇の御所。

仙洞御所をLINEで送る

仙洞御所

『御所』より : 仙洞御所(せんとうごしょ)は、退位した天皇(上皇・法皇)の御所。
仙洞とは本来仙人の住み処をいう。
そこから転じて退位した天皇(上皇・法皇)の御所をいい、さらに転じて上皇・法皇の異称としても使われた。
解説 仙人とは中国で古くから信じられた理想的な人間像で、俗世を離れて深山に隠遁することから、退位した天皇の住まいの美称として用いられるようになった。
貴人の住まいを「御所」ということから「仙洞御所」と呼ばれた。
上皇・法皇は退位後、内裏から退去して仙洞御所に移るのを常とし、里内裏が多くそれにあてられた。
仙洞御所はまた「院(いん)」とも呼ばれ、これも上皇・法皇の別称として使われた。
仙洞御所には家政機関としての院庁が置かれたほか、白河上皇の時には近衛として北面武士のちに西面武士が設置された。
京都御苑の仙洞御所 現在、京都市にある京都御苑内には京都御所の南東に仙洞御所が位置している。
これは1627年(寛永4年)に後水尾上皇のために造営されたもので、正式名称は桜町殿という。
東部には広い池を中心に庭園が広がっている。
初め小堀遠州によって築庭されたが、のちに後水尾上皇の意向により大きく改造されている。

仙洞御所-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 四夷八蛮(しいはちばん)
  2. 固定観念(こていかんねん)
  3. 三武一宗(さんぶいっそう)
  4. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  5. 耽美主義(たんびしゅぎ)
  6. 冠婚葬祭(かんこんそうさい)
  7. 風林火山(ふうりんかざん)
  8. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  9. 一世一元(いっせいちげん)
  10. 相互依存(そうごいぞん)
  11. 一切皆苦(いっさいかいく)
  12. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  13. 賞味期限(しょうみきげん)
  14. 不要不急(ふようふきゅう)
  15. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  16. 極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ)
  17. 本地垂迹(ほんじすいじゃく)
  18. 故事成語(こじせいご)
  19. 唯我独尊(ゆいがどくそん)
  20. 試行錯誤(しこうさくご)