『一粒万倍』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「一粒万倍(いちりゅうまんばい)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

一粒万倍 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一粒万倍 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いちりゅうまんばい

【意味】ひと粒の種から一万倍もの収穫があること。ほんの少しのものから大きな利益をあげることのたとえ。または、小さなものでも粗末に扱ってはいけないという戒め。または、稲の別名。元は仏教の言葉で、一つの善い行いをすればたくさんのよい結果がもたらされることのたとえ。

一粒万倍をLINEで送る

一粒万倍日

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。
単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。
但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。
その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。
一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていないものもあった。
貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。
日取り 一粒万倍日の日取りは節切りで、次の通りである。
なお、二十四節気のうち、太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を中気、そうでないもの(清明・立夏など)を節気といい、節気から次の節気の前日までの間を1か月とする月の区切り方を節切り、その月を節月という。

一粒万倍-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 竜躍雲津(りゅうやくうんしん・りょうやくうんしん)
  2. 天衣無縫(てんいむほう)
  3. 判官贔屓(はんがんびいき)
  4. 現代社会(げんだいしゃかい)
  5. 高鳳漂麦(こうほうひょうばく)
  6. 晨星落落(しんせいらくらく)
  7. 班門弄斧(はんもんろうふ)
  8. 末法思想(まっぽうしそう)
  9. 兵強馬壮(へいきょうばそう)
  10. 閻浮檀金(えんぶだごん・えんぶだんごん)
  11. 南華之悔(なんかのくい)
  12. 異類異形(いるいいぎょう)
  13. 宿契之限(しゅっけいのかぎり)
  14. 一味同心(いちみどうしん)
  15. 一諾千金(いちだくせんきん)
  16. 夢幻泡影(むげんほうえい)
  17. 自然淘汰(しぜんとうた)
  18. 北斗七星(ほくとしちせい)
  19. 虚虚実実(きょきょじつじつ)
  20. 本領発揮(ほんりょうはっき)