『一陽来復』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「一陽来復(いちようらいふく)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

一陽来復 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

一陽来復 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いちようらいふく

【意味】よくないことが続いた後に、よいことがめぐってくること。苦尽甘来。または、冬が終わって春が来ること。または、冬至のこと。易経で、陰と陽の組合せからなる六十四卦で、陰暦十月は陰だけで構成され、陽が復する(戻ってくる)のは冬至からであることから。

一陽来復をLINEで送る

一陽来復-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 竜躍雲津(りゅうやくうんしん・りょうやくうんしん)
  2. 判官贔屓(はんがんびいき)
  3. 天衣無縫(てんいむほう)
  4. 晨星落落(しんせいらくらく)
  5. 高鳳漂麦(こうほうひょうばく)
  6. 班門弄斧(はんもんろうふ)
  7. 末法思想(まっぽうしそう)
  8. 現代社会(げんだいしゃかい)
  9. 相乗効果(そうじょうこうか)
  10. 兵強馬壮(へいきょうばそう)
  11. 宿契之限(しゅっけいのかぎり)
  12. 異類異形(いるいいぎょう)
  13. 南華之悔(なんかのくい)
  14. 一諾千金(いちだくせんきん)
  15. 一味同心(いちみどうしん)
  16. 閻浮檀金(えんぶだごん・えんぶだんごん)
  17. 夢幻泡影(むげんほうえい)
  18. 才色兼備(さいしょくけんび)
  19. 本領発揮(ほんりょうはっき)
  20. 涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)