『他力本願』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「他力本願(たりきほんがん)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

他力本願 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

他力本願 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】たりきほんがん

【意味】自分の力で

他力本願をLINEで送る

他力本願

他力本願(たりきほんがん) 仏教用語で、阿弥陀仏が衆生を救済する本願のはたらき。
浄土教・阿弥陀信仰の根本となる教義である。
#用法1を参照。
人まかせ、他人依存、成り行き任せの意。
#用法2を参照。
上記の双方の意味とも、『大辞林』・『広辞苑』などの辞書に採録される語意である。
本来の意味が用法1の意味であることに異論を示す資料は見られないが、用法2の意味については『岩波仏教辞典』では「語の本来の用法からして誤解である」、『大辞泉』では「誤用が定着したものか」と記載される他、『大辞林』のように意味の生じた経緯等について特に触れない辞書もある。
また、『新明解四字熟語辞典』のように、用法2の意味のみを語意として記載した後に「本来は~」として用法1の意味を解説する辞書もある。
用法1 「他力本願」のうち、「他力」とは他人の力をあてにすることではなく阿弥陀如来の力を現す言葉であり、「本願」とは人間の欲望を満たすような願いのことではなくあらゆる人々を仏に成らしめようとする願いのことである。

他力本願-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  3. 獅子奮迅(ししふんじん)
  4. 桜花爛漫(おうからんまん)
  5. 四夷八蛮(しいはちばん)
  6. 一所懸命(いっしょけんめい)
  7. 永字八法(えいじはっぽう)
  8. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  9. 因果関係(いんがかんけい)
  10. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  11. 金烏玉兎(きんうぎょくと)
  12. 賞味期限(しょうみきげん)
  13. 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  14. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  15. 永劫回帰(えいごうかいき)
  16. 露館播遷(ろかんはせん)
  17. 満場一致(まんじょういっち)
  18. 試行錯誤(しこうさくご)
  19. 厭離穢土(おんりえど・えんりえど)
  20. 一攫千金(いっかくせんきん)