『大義名分』-四字熟語-壁紙/画像


大義名分 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

大義名分 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】たいぎめいぶん

【意味】人として、また、臣として国家や君主に対して守るべき道理・本分や節義。ある行為のよりどころとなる正当な理由や道理。

大義名分をLINEで送る

大義名分

大義名分(たいぎめいぶん)とは、儒教に由来する考え方で、本来は臣下として守るべき道義や節度、出処進退などのあり方を指した。
今日では転じて、「行動を起こすにあたってその正当性を主張するための道理・根拠」を指す事が多い。
儒教文化圏では古くから、君臣・父子などの関係(名)には、相応の責任・役割(分)が付随し、それは正当なる人倫の分限に基づいた価値判断(大義)に基づいて正否が定まると考えられていた。
このため、古来より現実及び過去の経験的実証的知識の蓄積である史実と「華夷内外」・「是非善悪」といった名分を組み合わせて大義名分の有り様についての議論が行われるとともに、これに基づいた倫理的価値判断をもって現実の事象を評価することが試みられた(ただし、それは時に抽象的にあるいは相対的で価値基準自体が不安定になりがちである)。

大義名分論

『大義名分』より : 大義名分(たいぎめいぶん)とは、儒教に由来する考え方で、本来は臣下として守るべき道義や節度、出処進退などのあり方を指した。
今日では転じて、「行動を起こすにあたってその正当性を主張するための道理・根拠」を指す事が多い。
儒教文化圏では古くから、君臣・父子などの関係(名)には、相応の責任・役割(分)が付随し、それは正当なる人倫の分限に基づいた価値判断(大義)に基づいて正否が定まると考えられていた。
このため、古来より現実及び過去の経験的実証的知識の蓄積である史実と「華夷内外」・「是非善悪」といった名分を組み合わせて大義名分の有り様についての議論が行われるとともに、これに基づいた倫理的価値判断をもって現実の事象を評価することが試みられた(ただし、それは時に抽象的にあるいは相対的で価値基準自体が不安定になりがちである)。

大義名分-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 晴好雨奇(せいこううき)
  4. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  5. 獅子奮迅(ししふんじん)
  6. 風林火山(ふうりんかざん)
  7. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  8. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  9. 少欲知足(しょうよくちそく)
  10. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  11. 一蓮托生(いちれんたくしょう)
  12. 挙国一致(きょこくいっち)
  13. 森羅万象(しんらばんしょう)
  14. 名誉毀損(めいよきそん)
  15. 因果応報(いんがおうほう)
  16. 熱烈歓迎(ねつれつかんげい)
  17. 残念無念(ざんねんむねん)
  18. 一陽来復(いちようらいふく)
  19. 八紘一宇(はっこういちう)
  20. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)