『陳勝呉広』-四字熟語-壁紙/画像


陳勝呉広 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

陳勝呉広 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】ちんしょうごこう

【意味】物事のさきがけをすること。また、その人。始皇帝崩後のB.C.209年、陳勝と呉広が秦の支配に対して農民反乱を起こした事案から。

陳勝呉広をLINEで送る

陳勝呉広の乱

『陳勝・呉広の乱』より : 陳勝・呉広の乱(ちんしょう・ごこうのらん)は、中国秦末期に陳勝と呉広が起こした、史上初の農民反乱。
蜂起 紀元前210年に始皇帝が崩御すると、その末子である胡亥が兄の扶蘇を謀殺して即位した。
その元年となる紀元前209年の7月、陳勝と呉広は辺境守備のため、半ば強制的に徴兵された農民900名と共に、漁陽(現在の北京市北部の密雲県)へと向かっていた。
しかしその道中、大沢郷(現在の安徽省宿州市の東南部)にさしかかったところで大雨に遭って道が水没し、期日までに漁陽へとたどり着く事が不可能になる。
秦の法ではいかなる理由があろうとも期日までに到着しなければ斬首である。
期日までに着けない、そう判断した時点で陳勝と呉広は反乱を決意し、将尉たちを殺そうと画策する。
2人は事が成就するか占うため易者を訪ねた。
彼らの心中を察した易者は、「事業は成功するが、占いを成就させるには鬼神の力を借りるのが良い」と言った。
それを聞いた陳勝らは喜び、「鬼神を仮託して人々を威服させよう」と画策する。
まず「陳勝王」と朱書きした布切れを魚の腹に入れておいた。

陳勝呉広-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  3. 桜花爛漫(おうからんまん)
  4. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  5. 獅子奮迅(ししふんじん)
  6. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  7. 因果応報(いんがおうほう)
  8. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  9. 露館播遷(ろかんはせん)
  10. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  11. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  12. 四面楚歌(しめんそか)
  13. 切磋琢磨(せっさたくま)
  14. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  15. 酒池肉林(しゅちにくりん)
  16. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  17. 試行錯誤(しこうさくご)
  18. 故事成語(こじせいご)
  19. 一所懸命(いっしょけんめい)
  20. 一攫千金(いっかくせんきん)