『天下無双』-四字熟語-壁紙/画像


天下無双 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

天下無双 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】てんかむそう

【意味】天下に並ぶ者がいないほど、すぐれているさま。また、その人。

天下無双をLINEで送る

天下無双

天下無双は中世中国での理想郷『蓬莱』の世界観をモチーフにした臺灣開発の武侠MMORPG。
日本では、トゥループランケーションによって運営されていた。
2006年7月20日24時に運営が終了した。
アイテム課金制であり、基本プレイは無料(2006年3月、アイテムモール開始)であった。
ゲームの特徴 職業は剣宗、戟門、詭流、幻道の4種類であり、プレイヤーは五行により属性決定。
人物レベル「等級」および招式の熟練度を鍛えることにより成長。
クエストを消化していくことで、金銭や経験およびアイテムを取得可能。
招式を連ねる「連招」と言うシステムを採用し、29等級になることで漢字5文字までのオリジナル名称の設定可能。
結婚・ギルド「幇会」・PT(パーティープレイ)、露天、およびPK(等級51から)システムの採用。

天下無双 江田島平八伝

『天下無双 江田島平八伝』(てんかむそう えだじまへいはちでん)は、宮下あきらによる日本の漫画作品。
『オースーパージャンプ』(集英社)にて2010年8月号まで連載された。
単行本は全10巻。
『魁!!男塾』の登場人物・江田島平八を主人公とし、その少年時代からを描いている。
あらすじ 田片舎で育った暴れん坊の小僧、江田島平八は母の死と天下無双の言葉を胸に東京へ向かう。
しかし東京では様々な陰謀と時代の流れ(作中では帝大合格から間もなく第二次世界大戦が始まる)に巻き込まれながらも己の才と一本気な性格で切り抜ける。
実在した人物が登場するがいずれもフィクションである。
登場人物 主要人物 江田島平八(えだじま へいはち) 昭和三年(1928年)の秋、東京・奥多摩の名家・江田島家の長男として生まれる。
軍神と謳われた江田島國義を父に持ち、その名は日露戦争の英雄東郷平八郎にちなむ。
『魁!!男塾』における塾長の若かりし日の姿。
わずか11歳で東京帝国大学に合格。
この時ドイツ語もこなしており、最終的に5、6ヶ国語話せるくらい語学の才能がある(英語はキングス・イングリッシュで、南部なまりを話す米兵の前でボロを出したこともある)。

天下無双-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 隔岸観火(かくがんかんか)
  2. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  3. 年中行事(ねんちゅうぎょうじ)
  4. 臨機応変(りんきおうへん)
  5. 引喩失義(いんゆしつぎ)
  6. 恍然自失(こうぜんじしつ)
  7. 感恩戴徳(かんおんたいとく)
  8. 四月馬鹿(しがつばか)
  9. 切磋琢磨(せっさたくま)
  10. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  11. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  12. 電光石火(でんこうせっか)
  13. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  14. 一攫千金(いっかくせんきん)
  15. 永世中立(えいせいちゅうりつ)
  16. 万物斉同(ばんぶつせいどう)
  17. 力戦奮闘(りきせんふんとう)
  18. 忠魂義胆(ちゅうこんぎたん)
  19. 臨淵羨魚(りんえんせんぎょ)
  20. 吐気揚眉(ときようび)