『文明開化』-四字熟語-壁紙/画像


文明開化 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

文明開化 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】ぶんめいかいか

【意味】科学力や技術力が上がることにより文化が進歩し、生活の水準が上がること。

文明開化をLINEで送る

文明開化

文明開化(ぶんめいかいか)とは、明治時代の日本に西洋の文明が入ってきて、制度や習慣が大きく変化した現象のことを指す。
さらに、「西洋のものなら何でもよい」という考えすら出ていた。
近代化=西欧化そのものは明治時代に於いて一貫した課題であったが、文明開化という言葉は、一般に明治初期に、世相風俗がこれまでの封建社会から大きく変わった時期を指して使われる。
その社会が変化していく時代を強調し「開化期(かいかき)」、「御一新(ごいっしん)」などの別称もある。
「文明開化」という言葉は福澤諭吉が『文明論之概略』明治8年(1875年)の中で、civilizationの訳語として使ったのが始まりである。
この中では単純に西洋の文化・風俗を模倣したものから、或いはそれら文化や風俗を手本としながら日本の既存文化との融合を図ったもの、更には既存文化を西洋風にアレンジしたものなど多岐に渡り、過渡期的には熱病の如き流行となって様々な社会階層に受け入れられていった。

文明開化-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 桜花爛漫(おうからんまん)
  2. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  3. 露館播遷(ろかんはせん)
  4. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  5. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  6. 獅子奮迅(ししふんじん)
  7. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  8. 因果応報(いんがおうほう)
  9. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  10. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  11. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  12. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  13. 故事成語(こじせいご)
  14. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  15. 四面楚歌(しめんそか)
  16. 試行錯誤(しこうさくご)
  17. 切磋琢磨(せっさたくま)
  18. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  19. 一所懸命(いっしょけんめい)
  20. 英姿颯爽(えいしさっそう)