『衣冠束帯』-四字熟語-壁紙/画像


衣冠束帯 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

衣冠束帯 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「衣冠束帯(いかんそくたい)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】いかんそくたい

【意味】公家の正装。朝廷に出仕するとき、着用する服装。公卿(くぎょう)の正装。

衣冠束帯をLINEで送る

衣冠束帯

『束帯』より : 衣冠束帯(いかんそくたい)とは、衣冠と束帯をつなげていうことばで、江戸時代以降、両者を公家の正装としてまとめて、あるいは混同して言ったもの。
鈴木敬三はまた、平安時代末期以降、宮中での束帯の着用機会が減少し、衣冠や直衣の着用が拡大した結果、これらを束帯の代わりに参内に用いることを「衣冠束帯」(いかんのそくたい)や「直衣束帯」というようになったとしている。
ただし、鈴木敬三が根拠とする『明月記』等の公家の日記にみられる「衣冠束帯」、「直衣束帯」などの表記は、丁寧に解釈すると「衣冠や束帯を着た者がいる」あるいは「直衣や束帯を着た者がいる」の意味である場合もあるため、上記の説については厳密な検証が必要と思われる。
脚注 ==。

衣冠束帯-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. >
  2. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  3. 四夷八蛮(しいはちばん)
  4. 一水四見(いっすいしけん)
  5. 結跏趺坐(けっかふざ)
  6. 三武一宗(さんぶいっそう)
  7. 三十二相(さんじゅうにそう)
  8. 風林火山(ふうりんかざん)
  9. 一騎当千(いっきとうせん)
  10. 桜花爛漫(おうからんまん)
  11. 賞味期限(しょうみきげん)
  12. 一笑懸命(いっしょうけんめい)
  13. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  14. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  15. 仙洞御所(せんとうごしょ)
  16. 電光石火(でんこうせっか)
  17. 一妻多夫(いっさいたふ)
  18. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  19. 会者定離(えしゃじょうり)
  20. 故事成語(こじせいご)