『衣冠束帯』-四字熟語-壁紙/画像


衣冠束帯 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

衣冠束帯 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】いかんそくたい

【意味】公家の正装。朝廷に出仕するとき、着用する服装。公卿(くぎょう)の正装。

衣冠束帯をLINEで送る

衣冠束帯

『束帯』より : 衣冠束帯(いかんそくたい)とは、衣冠と束帯をつなげていうことばで、江戸時代以降、両者を公家の正装としてまとめて、あるいは混同して言ったもの。
鈴木敬三はまた、平安時代末期以降、宮中での束帯の着用機会が減少し、衣冠や直衣の着用が拡大した結果、これらを束帯の代わりに参内に用いることを「衣冠束帯」(いかんのそくたい)や「直衣束帯」というようになったとしている。
ただし、鈴木敬三が根拠とする『明月記』等の公家の日記にみられる「衣冠束帯」、「直衣束帯」などの表記は、丁寧に解釈すると「衣冠や束帯を着た者がいる」あるいは「直衣や束帯を着た者がいる」の意味である場合もあるため、上記の説については厳密な検証が必要と思われる。
脚注 ==。

衣冠束帯-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 隔岸観火(かくがんかんか)
  2. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  3. 年中行事(ねんちゅうぎょうじ)
  4. 永世中立(えいせいちゅうりつ)
  5. 臨機応変(りんきおうへん)
  6. 恍然自失(こうぜんじしつ)
  7. 一攫千金(いっかくせんきん)
  8. 天地開闢(てんちかいびゃく)
  9. 歳寒三友(さいかん(の)・さんゆう)
  10. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  11. 電光石火(でんこうせっか)
  12. 引喩失義(いんゆしつぎ)
  13. 衣冠束帯(いかんそくたい)
  14. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  15. 感恩戴徳(かんおんたいとく)
  16. 四月馬鹿(しがつばか)
  17. 万物斉同(ばんぶつせいどう)
  18. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  19. 適者生存(てきしゃせいぞん)
  20. 切磋琢磨(せっさたくま)