『名誉毀損』-四字熟語-壁紙/画像


名誉毀損 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

名誉毀損 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】めいよきそん

【意味】不当に他人の評価をおとしめたり、体面をつぶしたりすること。

名誉毀損をLINEで送る

名誉毀損

名誉毀損(めいよきそん)とは、他人の名誉を傷つける行為。
損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。
「名誉棄損」と表記されることもある。
民事法上の責任原因としての名誉毀損 コモンロー、大陸法、いずれの法体系においても、名誉毀損に基づく損害賠償責任が認められている。
コモンローにおける名誉毀損 コモンローの法体系において、名誉毀損は、不法行為とされている。
アメリカ合衆国連邦裁判所によれば、他人の評判について虚偽の名声を公表することにより、その評価を低下させる行為が、名誉毀損であるとされる。
コモンローの法体系における名誉毀損は、口頭による場合のように、一時的な形態での名誉毀損(slander)と、書面による場合のように固定的な媒体を通して行われる名誉毀損(libel)とに分けて把握されている。
大陸法における名誉毀損 ドイツ、日本など、大陸法系の国々において、名誉毀損は、不法行為を構成するとされている。

名誉毀損罪

名誉毀損罪(めいよきそんざい)は、日本の刑法230条に規定される犯罪。
人の名誉を毀損する行為を内容とする。
なお、刑法上の名誉毀損罪を構成する場合に民法上の名誉毀損として不法行為になることも多い。
民事事件における名誉毀損については「名誉毀損」を参照。
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)。
法定刑は3年以下の懲役若しくは禁錮または50万円以下の罰金である。
毀損された名誉が死者のものである場合には、その事実が客観的に虚偽のものでなければ処罰されない(刑法230条2項)。
ただし、名誉毀損をした後、名誉を毀損された者が死亡した場合には、通常の名誉毀損罪として扱われ、当該事実が虚偽でなかったということのみでは免責されない(刑法230条の2の適用が問題となる)。
名誉毀損罪(1項) 保護法益 本罪の保護法益たる「名誉」について、通説はこれを外部的名誉、すなわち社会に存在するその人の評価としての名誉(人が他人間において不利益な批判を受けない事実。

名誉毀損防止同盟

名誉毀損防止同盟(Anti-Defamation League 略称ADL)とは米国最大のユダヤ人団体。
ブネイ・ブリスに起源を持ち、反ユダヤ主義と合法的に対決することを目的としている。
この点、同様の目的を掲げてはいるが非合法手段(テロリズム)をも辞さないカハネ主義の過激派団体"ユダヤ防衛同盟"(JDL)とは対立している。
ADL創立の直接の契機はレオ・フランク事件だった。
これは、ジョージア州のユダヤ人レオ・フランクが殺人の冤罪で逮捕され、暴徒にリンチを受けて殺された事件である。
1913年10月、弁護士のシグマンド・リヴィングストンによって創立。
ユダヤ人団体ではあるが、究極的な目的として、ユダヤ系以外を含む全ての市民の平等をも謳っている。
今日、ADLの年間予算は4000万ドルを超え、全米に29箇所の事務所と、他国に3箇所の事務所を持っている。
全米本部はニューヨーク市にある。
1987年以来、エイブラハム・フォックスマンが全国理事を務めている。
全国議長はハワード・バーコヴィッツ。
1993年には、ADLの不法スパイ事件が明るみに出た。
ADLはサンフランシスコ、シカゴ、アトランタの警察官を通して個人や団体の秘密ファイルを収集していたのである。

名誉毀損-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 獅子奮迅(ししふんじん)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 三武一宗(さんぶいっそう)
  4. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  5. 慈悲忍辱(じひにんにく)
  6. 桜花爛漫(おうからんまん)
  7. 重厚長大(じゅうこうちょうだい)
  8. 含沙射影(がんしゃせきえい)
  9. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  10. 官官接待(かんかんせったい)
  11. 一切皆苦(いっさいかいく)
  12. 尸位素餐(しいそさん)
  13. 一旦一夕(いったんいっせき)
  14. 極楽往生(ごくらくおうじょう)
  15. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  16. 戮力協心(りくりょくきょうしん)
  17. 切磋琢磨(せっさたくま)
  18. 結跏趺坐(けっかふざ)
  19. 一心不乱(いっしんふらん)
  20. 迅速果断(じんそくかだん)