『門戸開放』-四字熟語-壁紙/画像


門戸開放 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

門戸開放 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】もんこかいほう

【意味】制度や制限をなくして、自由に出入りできるようにすること。門戸を開け放って自由にするという意味から。

門戸開放をLINEで送る

門戸開放政策

門戸開放政策(もんこかいほうせいさく)とは、特定の地域において、全ての国の全ての国民に対し、等しい商業及び工業活動の機会が与えられるべきであるという主張である。
日本では一般的に自由貿易政策と呼ばれることが多い。
これはもともとアメリカによって進められたものであるが、アヘン戦争後の清国-アメリカ間の条約において、すでにこの方針は現れていた。
門戸開放政策は、1978年からの鄧小平による中華人民共和国の経済改革方針で示された改革開放政策も、これと同等である。
上記の理由から門戸開放政策は一般的に中国と関連付けられることが多いが、もともとは1885年のベルリン会議で、コンゴ盆地においていかなる権力も特恵関税を課すことはできないと定めた経緯があり、中国に対してもそれを倣っている。
ヨーロッパ列強による門戸開放政策 アメリカによる門戸開放政策 背景 アメリカは伝統的にモンロー宣言による孤立主義の立場を取っていたが、1890年代のフロンティアの消滅に伴い、中南米、カリブ諸島、太平洋上の島々へ急速に植民地を広げ、自国権益を拡大していった。

門戸開放通牒

門戸開放通牒(もんこかいほうつうちょう、英語名:Open Door Notes)とは、19世紀末から第二次世界大戦までアメリカ合衆国がとった対中政策である門戸開放政策(Open Door Policy)の一環として示された二度の通牒。
アメリカは伝統的にモンロー宣言による孤立主義の立場を取っていたが、1890年代のフロンティアの消滅に伴い、中南米、カリブ諸島、太平洋上の島々への急速な侵略を行っていた。
しかし中国はすでに列強によって分割されつつあったため、アメリカが提唱したのが門戸開放である。
「門戸開放宣言」との表現もあるが、実際は通牒(Note)を各国に送付したのみであり、あまり適切な表現とはいえない。
背景 19世紀半ばに自由貿易体制を整えて「世界の工場」としての地位を固めていたイギリスと、19世紀末には重工業においてイギリスを凌駕するにいたったアメリカは、どちらも中国における機会均等、自由貿易を望んでいた。

門戸開放宣言

『門戸開放通牒』より : 門戸開放通牒(もんこかいほうつうちょう、英語名:Open Door Notes)とは、19世紀末から第二次世界大戦までアメリカ合衆国がとった対中政策である門戸開放政策(Open Door Policy)の一環として示された二度の通牒。
アメリカは伝統的にモンロー宣言による孤立主義の立場を取っていたが、1890年代のフロンティアの消滅に伴い、中南米、カリブ諸島、太平洋上の島々への急速な侵略を行っていた。
しかし中国はすでに列強によって分割されつつあったため、アメリカが提唱したのが門戸開放である。
「門戸開放宣言」との表現もあるが、実際は通牒(Note)を各国に送付したのみであり、あまり適切な表現とはいえない。
背景 19世紀半ばに自由貿易体制を整えて「世界の工場」としての地位を固めていたイギリスと、19世紀末には重工業においてイギリスを凌駕するにいたったアメリカは、どちらも中国における機会均等、自由貿易を望んでいた。

門戸開放-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  4. 晴好雨奇(せいこううき)
  5. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  6. 風林火山(ふうりんかざん)
  7. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  8. 獅子奮迅(ししふんじん)
  9. 少欲知足(しょうよくちそく)
  10. 挙国一致(きょこくいっち)
  11. 一蓮托生(いちれんたくしょう)
  12. 森羅万象(しんらばんしょう)
  13. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  14. 一陽来復(いちようらいふく)
  15. 熱烈歓迎(ねつれつかんげい)
  16. 八紘一宇(はっこういちう)
  17. 名誉毀損(めいよきそん)
  18. 因果応報(いんがおうほう)
  19. 残念無念(ざんねんむねん)
  20. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)