『唯我独尊』-四字熟語-壁紙/画像


唯我独尊 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

唯我独尊 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「唯我独尊(ゆいがどくそん)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】ゆいがどくそん

【意味】この世に個として存在する我より尊い存在はないということで、人間の尊厳をあらわしている言葉。また、この世に自分より優れたものなどないという思い上がりの意味でも使う。

唯我独尊をLINEで送る

唯我独尊

唯我独尊(ゆいがどくそん)とは、釈迦が誕生した時に言ったとされる言葉。
釈迦は摩耶夫人の右脇から生まれたとされるが、その直後に七歩歩いて右手で天を指し、左手で地をさして「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん、もしくは、てんじょうてんがゆいがどくそん)と言った、という伝説から出てきたものである。
しばしば釈迦を、崇める言葉として使われる。
意義 元来、「天上天下唯我独尊」は、釈迦が言ったのではない。
釈迦以前に出世したといわれる過去七仏の第1仏である毘婆尸仏(びばし)が誕生した際に言ったとされる。
しかしそれが、釈迦が生まれた際に、他の人々がそのように讃嘆したという説が生じて、のちに釈迦自身が誕生直後に自ら言ったと信じられるようになったものである。
『大唐西域記』(646年成立)の中に記載されている、釈迦の誕生当時を伝える誕生偈と呼ばれる偈文には、 という一節が記されている。
現代語に訳すと「全世界で私が一番尊い」という意味である。
「天上天下唯我独尊」の意味を「全世界で私たち一人一人の人間が一番尊い」と解釈する説もあるが、経典上の根拠が全く無い説である。

唯我独尊-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 四夷八蛮(しいはちばん)
  2. 脚踏実地(きゃくとうじっち)
  3. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 一切皆苦(いっさいかいく)
  6. 天地無用(てんちむよう)
  7. 本地垂迹(ほんじすいじゃく)
  8. 尊王攘夷(そんのうじょうい)
  9. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  10. 黄道吉日(こうどうきちじつ)
  11. 四書五経(ししょごきょう)
  12. 唯我独尊(ゆいがどくそん)
  13. 鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)
  14. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  15. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  16. 陰陽五行(いんようごぎょう)
  17. 真実一路(しんじついちろ)
  18. 三十六計(さんじゅうろっけい)
  19. 往古来今(おうこらいこん)
  20. 電光石火(でんこうせっか)