『厭離穢土』-四字熟語-壁紙/画像


厭離穢土 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

厭離穢土 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】えんりえど・おんりえど

【意味】苦悩の多い穢れたこの世を厭い、離れたい(すなわち往生したい)と願うこと。欣求浄土に続けると徳川家康の旗印となる。"おんりえど"という読みが一般的であるが、"えんりえど"が正しいとする辞書も少なくない。

厭離穢土をLINEで送る

厭離穢土

厭離穢土 (おんりえど、えんりえど)とは、浄土教の用語。
欣求浄土と対句で使われることが多い。
読みは、おんり-が一般的だが、辞書によってはえんり-を採用しており、逆におんり-は誤りとするものもある。
この娑婆世界を「穢れた国土」(穢国)として、それを厭い離れるという意味であり、阿弥陀如来の極楽世界は清浄な国土であるから、そこへの往生を切望するという意味。
語源は、源信の『往生要集』冒頭の章名に由来するが、その内容は「欣求浄土」とともに、浄土教思想の基本的特質を表している。
その他 「厭離穢土欣求浄土」は戦国時代、徳川家康の馬印に用いられたことで知られる。
松平元康(後の徳川家康)は、桶狭間の戦いで今川義元討死の後、菩提寺である三河国大樹寺へと逃げ隠れた。
前途を悲観した元康は松平家の墓前で自害を試みるが、その時13代住職の登誉が「厭離穢土欣求浄土」と説き、切腹を思いとどまらせたと言われる。
すなわち、戦国の世は、誰もが自己の欲望のために戦いをしているから、国土が穢れきっている。
その穢土を厭い離れ、永遠に平和な浄土をねがい求めるならば、必ず仏の加護を得て事を成すとの意味であった。

厭離穢土-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  3. 曖昧模糊(あいまいもこ)
  4. 観天望気(かんてんぼうき)
  5. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  6. 獅子奮迅(ししふんじん)
  7. 文芸復興(ぶんげいふっこう)
  8. 八紘一宇(はっこういちう)
  9. 千客万来(せんきゃくばんらい)
  10. 十人十色(じゅうにんといろ)
  11. 籠鳥恋雲(ろうちょうれんうん)
  12. 奮励努力(ふんれいどりょく)
  13. 禍従口生(かしょうこうせい)
  14. 人間不信(にんげんふしん)
  15. 万緑一紅(ばんりょくいっこう)
  16. 半醒半睡(はんせいはんすい)
  17. 相関関係(そうかんかんけい)
  18. 薫陶成性(くんとうせいせい)
  19. 強悪非道(ごうあくひどう)
  20. 穂状花序(すいじょうかじょ)