『円頓止観』-四字熟語-壁紙/画像


円頓止観 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

円頓止観 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「円頓止観(えんどんしかん)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】えんどんしかん

【意味】人として理想の人格が完成された至上の境地のこと。天台宗の修行実践法としての悟りの方法。止観とは、諸々の心の思いを一つの対象に止めてそそぎ、正しい知恵をもって対象を観ることで、仏教全般に通じる根本的な実践行。

円頓止観をLINEで送る

円頓止観-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 四夷八蛮(しいはちばん)
  2. 脚踏実地(きゃくとうじっち)
  3. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 一切皆苦(いっさいかいく)
  6. 天地無用(てんちむよう)
  7. 尊王攘夷(そんのうじょうい)
  8. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  9. 本地垂迹(ほんじすいじゃく)
  10. 四書五経(ししょごきょう)
  11. 黄道吉日(こうどうきちじつ)
  12. 鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)
  13. 陰陽五行(いんようごぎょう)
  14. 電光石火(でんこうせっか)
  15. 女人禁制(にょにんきんせい)
  16. 桜花爛漫(おうからんまん)
  17. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  18. 唯我独尊(ゆいがどくそん)
  19. 往古来今(おうこらいこん)
  20. 三十六計(さんじゅうろっけい)