『悪人正機』-四字熟語-壁紙/画像


悪人正機 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

悪人正機 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】あくにんしょうき

【意味】人間は如来の本願にすがってこそ救われる。自分を悪人と思う人は、まさに本願他力の正しい機会を得ているという意味。

悪人正機をLINEで送る

悪人正機

悪人正機(あくにんしょうき)は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「“悪人”こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主正の根機である」という意味である。
阿弥陀仏が救済したい対象は、衆生である。
すべての衆生は、末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫たる「悪人」である。
よって自分は「悪人」であると目覚させられた者こそ、阿弥陀仏の救済の対象であることを知りえるという意である。
悪人と善人 「悪人正機」の意味を知る上で、「善人」と「悪人」をどのように解釈するかが重要である。
ここでいう善悪とは、法的な問題や道徳的な問題をさしているのではない。
また一般的・常識的な善悪でもない。
親鸞が説いたのは仏の視点による善悪である。
法律や倫理・道徳を基準にすれば、この世には善人と悪人がいるが、どんな小さな悪も見逃さない仏の眼から見れば、すべての人は悪人だと浄土真宗では教える。
悪人 衆生は、末法に生きる凡夫であり、仏の視点によれば「善悪」の判断すらできない、根源的な「悪人」であると捉える。

悪人正機-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 晴好雨奇(せいこううき)
  4. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  5. 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)
  6. 風林火山(ふうりんかざん)
  7. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  8. 獅子奮迅(ししふんじん)
  9. 少欲知足(しょうよくちそく)
  10. 一蓮托生(いちれんたくしょう)
  11. 挙国一致(きょこくいっち)
  12. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  13. 因果応報(いんがおうほう)
  14. 森羅万象(しんらばんしょう)
  15. 八紘一宇(はっこういちう)
  16. 熱烈歓迎(ねつれつかんげい)
  17. 名誉毀損(めいよきそん)
  18. 一陽来復(いちようらいふく)
  19. 残念無念(ざんねんむねん)
  20. 油断大敵(ゆだんたいてき)