『悪人正機』-四字熟語-壁紙/画像


悪人正機 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

悪人正機 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「悪人正機(あくにんしょうき)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

【読み】あくにんしょうき

【意味】人間は如来の本願にすがってこそ救われる。自分を悪人と思う人は、まさに本願他力の正しい機会を得ているという意味。

悪人正機をLINEで送る

悪人正機

悪人正機(あくにんしょうき)は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「“悪人”こそが阿弥陀仏の本願(他力本願)による救済の主正の根機である」という意味である。
阿弥陀仏が救済したい対象は、衆生である。
すべての衆生は、末法濁世を生きる煩悩具足の凡夫たる「悪人」である。
よって自分は「悪人」であると目覚させられた者こそ、阿弥陀仏の救済の対象であることを知りえるという意である。
悪人と善人 「悪人正機」の意味を知る上で、「善人」と「悪人」をどのように解釈するかが重要である。
ここでいう善悪とは、法的な問題や道徳的な問題をさしているのではない。
また一般的・常識的な善悪でもない。
親鸞が説いたのは仏の視点による善悪である。
法律や倫理・道徳を基準にすれば、この世には善人と悪人がいるが、どんな小さな悪も見逃さない仏の眼から見れば、すべての人は悪人だと浄土真宗では教える。
悪人 衆生は、末法に生きる凡夫であり、仏の視点によれば「善悪」の判断すらできない、根源的な「悪人」であると捉える。

悪人正機-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 獅子奮迅(ししふんじん)
  4. 三武一宗(さんぶいっそう)
  5. 少欲知足(しょうよくちそく)
  6. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  7. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  8. 烏孫公主(うそんこうしゅ)
  9. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)
  10. 一騎当千(いっきとうせん)
  11. 仏足石歌(ぶっそくせきか)
  12. 桜花爛漫(おうからんまん)
  13. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  14. 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  15. 花鳥風月(かちょうふうげつ)
  16. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  17. 証拠隠滅(しょうこいんめつ)
  18. 一攫千金(いっかくせんきん)
  19. 一蓮托生(いちれんたくしょう)
  20. 試行錯誤(しこうさくご)