『会者定離』-四字熟語-壁紙/画像


会者定離 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

会者定離 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】えしゃじょうり

【意味】この世で出会った者には、必ず別れる時がくる運命にあること。この世や人生は無常であることのたとえ。

会者定離をLINEで送る

会者定離

 会者定離(えしゃじょうり)は、日本の諺。
出典は遺教経。

仏典のひとつである遺教経の文章が原典。
日本では四字熟語として有名だが、本来は「生者必滅会者定離」でひとつの意味をなしている。
命あるものは必ず死に、出会った者は必ず別れることになるという意味。

会うは別れの始め
合わせ物は離れ物
The first breath is the beginning of death.(英語、産声は死の始まりの意)
弓道(弓道における「射法八節」のうち、会、離れはこの言葉に由来する)
日本語の成句
仏教用語

会者定離-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 切磋琢磨(せっさたくま)
  2. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  3. 烏焉魯魚(うえんろぎょ)
  4. 隔岸観火(かくがんかんか)
  5. 耽美主義(たんびしゅぎ)
  6. 相乗効果(そうじょうこうか)
  7. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  8. 天地無用(てんちむよう)
  9. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  10. 試行錯誤(しこうさくご)
  11. 而今而後(じこんじご)
  12. 鬼瞰之禍(きかんのわざわい)
  13. 心神喪失(しんしんそうしつ)
  14. 起承転結(きしょうてんけつ)
  15. 伊尹負鼎(いいんふてい)
  16. 朝令暮改(ちょうれいぼかい)
  17. 発揚蹈厲(はつようとうれい)
  18. 苦爪楽髪(くづめらくがみ)
  19. 内平外成(ないへいがいせい)
  20. 版籍奉還(はんせきほうかん)