『永字八法』-四字熟語-壁紙/画像


永字八法 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

永字八法 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】えいじはっぽう

【意味】漢字の「永」の字には、書に必要な技法8種が全て含まれているという事を表した言葉。側(ソク、点)、勒(ロク、横画)、努(ド、縦画)、てき(テキ、はね)、策(サク、右上がりの横画)、掠(リャク、左はらい)、啄(タク、短い左はらい)、磔(タク、右はらい)の八法。

永字八法をLINEで送る

永字八法

永字八法(えいじはっぽう、えいじはちほう)とは、漢字の「永」の字には、書に必要な技法8種が全て含まれているという事を表した言葉。
側(ソク、点)、勒(ロク、横画)、努(ド、縦画)、趯(テキ、はね)、策(サク、右上がりの横画)、掠(リャク、左はらい)、啄(タク、短い左はらい)、磔(タク、右はらい)の八法。
楷書の成立と紀元を同じくすると言われる。
その由来には唐の張懐瓘『玉堂禁経』にある「大凡筆法、点画八体は『永』字に備わる」「八法は隷字の始めに起こり、後漢の崔子玉より、鍾・王を歴て以下、伝授し用うる所の八体は万字に該す」といった記述から崔瑗・鍾繇・王羲之説が唱えられてきた。
また、宋代の文献には智永説(宋・陳思『書苑菁華』)、張旭説(宋・朱長文『墨池編』)などが見られる。
八法の詳細 側(ソク、cè) 図の1。
李溥光『永字八法解』 - 「怪石」 筆画の「点」筆と筆先の側面を使って抉るように書くので「側」と言う。
勒(ロク、lè) 図の2。
李溥光『永字八法解』 - 「玉案」 筆画の「横」 「勒」は馬の頭に掛けて馬を御する革ひも。

永字八法-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 観天望気(かんてんぼうき)
  3. 曖昧模糊(あいまいもこ)
  4. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  5. 一生懸命(いっしょうけんめい)
  6. 十人十色(じゅうにんといろ)
  7. 八紘一宇(はっこういちう)
  8. 文芸復興(ぶんげいふっこう)
  9. 獅子奮迅(ししふんじん)
  10. 千客万来(せんきゃくばんらい)
  11. 人間不信(にんげんふしん)
  12. 薫陶成性(くんとうせいせい)
  13. 籠鳥恋雲(ろうちょうれんうん)
  14. 奮励努力(ふんれいどりょく)
  15. 相関関係(そうかんかんけい)
  16. 禍従口生(かしょうこうせい)
  17. 万緑一紅(ばんりょくいっこう)
  18. 半醒半睡(はんせいはんすい)
  19. 刹那主義(せつなしゅぎ)
  20. 鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)