『王道楽土』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「王道楽土(おうどうらくど)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

王道楽土 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

王道楽土 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】おうどうらくど

【意味】徳をもって、公平で思いやりのある政治が行われている平和で楽しいところ。1932年、満州国建国の際の理念でもあった。

王道楽土をLINEで送る

王道楽土

王道楽土(おうどうらくど)とは、1932年、満州国建国の際の理念。
アジア的理想国家(楽土)を、西洋の武による統治(覇道)ではなく東洋の徳による統治(王道)で造るという意味が込められている。
なお、日本の歴史の教科書には、日本の政府が「王道によって治められる安楽な土地」と説明して、宣伝していたとしているものもある。
「五族協和」「王道楽土」と並び称されたが、「五族協和」とは、満日蒙漢朝の五民族が協力し、平和な国造りを行うとする趣旨の言葉。
満州には五族以外にも、ロシア革命後に逃れてきた白系ロシア人や、ユダヤ人迫害政策を取ったナチス党政権下のドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人、ウイグル人等のイスラム教徒なども居住していた。
満州には内戦の続く疲弊した中華民国からの漢人や、新しい環境を求める朝鮮人、そして大日本帝国政府と満州国政府の政策に従った満蒙開拓団(満蒙開拓移民・満州武装移民)らの移住・入植が相次ぎ、人口も急激に増加した。

王道楽土-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 竜躍雲津(りゅうやくうんしん・りょうやくうんしん)
  2. 判官贔屓(はんがんびいき)
  3. 晨星落落(しんせいらくらく)
  4. 末法思想(まっぽうしそう)
  5. 相乗効果(そうじょうこうか)
  6. 現代社会(げんだいしゃかい)
  7. 天衣無縫(てんいむほう)
  8. 高鳳漂麦(こうほうひょうばく)
  9. 班門弄斧(はんもんろうふ)
  10. 異類異形(いるいいぎょう)
  11. 南華之悔(なんかのくい)
  12. 閻浮檀金(えんぶだごん・えんぶだんごん)
  13. 一味同心(いちみどうしん)
  14. 兵強馬壮(へいきょうばそう)
  15. 宿契之限(しゅっけいのかぎり)
  16. 一諾千金(いちだくせんきん)
  17. 異路同帰(いろどうき)
  18. 本領発揮(ほんりょうはっき)
  19. 熱烈歓迎(ねつれつかんげい)
  20. 亀甲獣骨(きっこうじゅうこつ)