スポンサーリンク

『王道楽土』-四字熟語-壁紙/画像


王道楽土 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】おうどうらくど

【意味】徳をもって、公平で思いやりのある政治が行われている平和で楽しいところ。1932年、満州国建国の際の理念でもあった。

王道楽土をLINEで送る

王道楽土

王道楽土(おうどうらくど)とは、1932年、満州国建国の際の理念。
アジア的理想国家(楽土)を、西洋の武による統治(覇道)ではなく東洋の徳による統治(王道)で造るという意味が込められている。
なお、日本の歴史の教科書には、日本の政府が「王道によって治められる安楽な土地」と説明して、宣伝していたとしているものもある。
「五族協和」「王道楽土」と並び称されたが、「五族協和」とは、満日蒙漢朝の五民族が協力し、平和な国造りを行うとする趣旨の言葉。
満州には五族以外にも、ロシア革命後に逃れてきた白系ロシア人や、ユダヤ人迫害政策を取ったナチス党政権下のドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人、ウイグル人等のイスラム教徒なども居住していた。
満州には内戦の続く疲弊した中華民国からの漢人や、新しい環境を求める朝鮮人、そして大日本帝国政府と満州国政府の政策に従った満蒙開拓団(満蒙開拓移民・満州武装移民)らの移住・入植が相次ぎ、人口も急激に増加した。

スポンサーリンク

王道楽土-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード



その他の四字熟語



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 和魂洋才(わこんようさい)
  2. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  3. 阿鼻地獄(あびじごく)
  4. 一攫千金(いっかくせんきん)
  5. 海底撈月(かいていろうげつ)
  6. 因果応報(いんがおうほう)
  7. 極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ)
  8. 三跪九叩(さんききゅうこう)
  9. 天地無用(てんちむよう)
  10. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  11. 市松模様(いちまつもよう)
  12. 永字八法(えいじはっぽう)
  13. 天下無双(てんかむそう)
  14. 厭離穢土(えんりえど・おんりえど)
  15. 人身御供(ひとみごくう)
  16. 酒池肉林(しゅちにくりん)
  17. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  18. 桜花爛漫(おうからんまん)
  19. 切磋琢磨(せっさたくま)
  20. 落花流水(らっかりゅうすい)

スポンサーリンク