スポンサーリンク

『王政復古』-四字熟語-壁紙/画像


王政復古 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】おうせいふっこ

【意味】日本では、明治維新のことで、政治体制が君主制から別の体制に変わったあとに、君主制に戻ること。

王政復古をLINEで送る

王政復古

王政復古(おうせいふっこ)は、君主によって統治された国家において、クーデターや内戦などによって一度は弱まったり、廃止されるなどした君主制が、何等かの理由によって復活する現象である。
政体が帝国の場合は帝政復古とも言う。
復辟(ふくへき)ともいう。
類型 王政復古は2類型に分類できる。
1つ目は、王家は制度上存在するが、立憲君主制や別の王家により旧来の王家の権力が制限された状態から、旧来の王家が権力を奪還する例である。
例として、日本の建武の中興(建武の新政)(1333年、皇室が鎌倉幕府を倒して政権を奪還した王政復古)、明治維新(1868年、皇室・薩摩藩・長州藩の連合軍が徳川将軍家を倒して皇室による政府を樹立した王政復古)、ネパール(1951年のラナ家の支配からの王政復古、2005年の立憲君主制からの王政復古)がある。

王政復古 (ヨーロッパ)

『王政復古』より : 王政復古(おうせいふっこ)は、君主によって統治された国家において、クーデターや内戦などによって一度は弱まったり、廃止されるなどした君主制が、何等かの理由によって復活する現象である。
政体が帝国の場合は帝政復古とも言う。
復辟(ふくへき)ともいう。
類型 王政復古は2類型に分類できる。
1つ目は、王家は制度上存在するが、立憲君主制や別の王家により旧来の王家の権力が制限された状態から、旧来の王家が権力を奪還する例である。
例として、日本の建武の中興(建武の新政)(1333年、皇室が鎌倉幕府を倒して政権を奪還した王政復古)、明治維新(1868年、皇室・薩摩藩・長州藩の連合軍が徳川将軍家を倒して皇室による政府を樹立した王政復古)、ネパール(1951年のラナ家の支配からの王政復古、2005年の立憲君主制からの王政復古)がある。

王政復古 (日本)

王政復古(おうせいふっこ)とは、慶応3年12月9日(1868年1月3日)に江戸幕府を廃絶し、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置による新政府の樹立を宣言した政変である。
背景 王政復古による新体制の樹立までには、幕末開国以来の新たな世界情勢に対応して日本の近代化・国力養成を進めるための政治体制が構想・模索されてきた経緯がある。
開国と幕権の動揺 江戸後期、国学の進展などにより知識人の間に尊王思想が広がっていった。
いっぽう、幕府支配の正当性の根拠を大政委任論に求める見解も、江戸初期の禁中並公家諸法度(第1条)よりその萌芽は見られたが、幕政の建て直し(寛政の改革)を主導した老中松平定信が朱子学を推奨したことで、浸透したとされる。
いずれにしても正当性の源泉を天皇に認める点は共通しており、その権威は広く認識されるようになっていた。
幕末の黒船来航(1853年)以後、開国・通商をめぐって国論は二分する。
祖法・国是とされてきた二百年来の鎖国方針の大転換、それも西洋の軍事的脅威に屈した結果と受け取られたことで幕府の威信は急落し、幕府は沸騰する攘夷論を抑えて通商条約を締結するのに朝廷の権威を頼らざるをえなくなっていた。

王政復古の大号令

『王政復古 (日本)』より : 王政復古(おうせいふっこ)とは、慶応3年12月9日(1868年1月3日)に江戸幕府を廃絶し、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置による新政府の樹立を宣言した政変である。
背景 王政復古による新体制の樹立までには、幕末開国以来の新たな世界情勢に対応して日本の近代化・国力養成を進めるための政治体制が構想・模索されてきた経緯がある。
開国と幕権の動揺 江戸後期、国学の進展などにより知識人の間に尊王思想が広がっていった。
いっぽう、幕府支配の正当性の根拠を大政委任論に求める見解も、江戸初期の禁中並公家諸法度(第1条)よりその萌芽は見られたが、幕政の建て直し(寛政の改革)を主導した老中松平定信が朱子学を推奨したことで、浸透したとされる。
いずれにしても正当性の源泉を天皇に認める点は共通しており、その権威は広く認識されるようになっていた。
幕末の黒船来航(1853年)以後、開国・通商をめぐって国論は二分する。
祖法・国是とされてきた二百年来の鎖国方針の大転換、それも西洋の軍事的脅威に屈した結果と受け取られたことで幕府の威信は急落し、幕府は沸騰する攘夷論を抑えて通商条約を締結するのに朝廷の権威を頼らざるをえなくなっていた。

スポンサーリンク

王政復古-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード



その他の四字熟語



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 和魂洋才(わこんようさい)
  2. 魑魅魍魎(ちみもうりょう)
  3. 一攫千金(いっかくせんきん)
  4. 阿鼻地獄(あびじごく)
  5. 因果応報(いんがおうほう)
  6. 天地無用(てんちむよう)
  7. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  8. 永字八法(えいじはっぽう)
  9. 三跪九叩(さんききゅうこう)
  10. 人身御供(ひとみごくう)
  11. 海底撈月(かいていろうげつ)
  12. 厭離穢土(えんりえど・おんりえど)
  13. 極楽蜻蛉(ごくらくとんぼ)
  14. 市松模様(いちまつもよう)
  15. 天下無双(てんかむそう)
  16. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  17. 酒池肉林(しゅちにくりん)
  18. 電光石火(でんこうせっか)
  19. 切磋琢磨(せっさたくま)
  20. 四面楚歌(しめんそか)

スポンサーリンク