『迦陵頻伽』-四字熟語-壁紙/画像


迦陵頻伽 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

迦陵頻伽 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】かりょうびんが

【意味】仏教で雪山または極楽にいるという想像上の鳥。妙なる鳴き声を持つとされることから、仏の音声の形容ともする。その像は、人頭・鳥身の姿で表すことが多い。

迦陵頻伽をLINEで送る

迦陵頻伽

迦陵頻伽・迦陵頻迦(かりょうびんが)は上半身が人で、下半身が鳥の仏教における想像上の生物。
サンスクリットのカラヴィンカ(kalaviṅka)の音訳。
『阿弥陀経』では、共命鳥とともに極楽浄土に住むとされる。
殻の中にいる時から鳴きだすとされる。
その声は非常に美しく、仏の声を形容するのに用いられ、「妙音鳥」、「好声鳥」、「逸音鳥」、「妙声鳥」とも意訳される。
また、日本では美しい芸者や花魁(おいらん)、美声の芸妓を指してこの名で呼ぶこともあった。
一般に、迦陵頻伽の描かれた図像は浄土を表現していると理解され、同時に如来の教えを称えることを意図する。
中国の仏教壁画などには人頭鳥身で表されるが、日本の仏教美術では、有翼の菩薩形の上半身に鳥の下半身の姿で描かれてきた。
敦煌の壁画には舞ったり、音楽を奏でている姿も描かれている。
創作物等に登場する迦陵頻伽 雅楽 - 迦陵頻(かりょうびん) - :仏教行事の舞楽。
迦陵頻伽の舞を表現しており、蝶をモチーフとした胡蝶と対で舞われる。
漫画 『聖伝-RG VEDA-』(CLAMP作):古代インド神話をモチーフにした作品。

迦陵頻伽-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  2. 人間不信(にんげんふしん)
  3. 力戦奮闘(りきせんふんとう)
  4. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  5. 戮力協心(りくりょくきょうしん)
  6. 尊王攘夷(そんのうじょうい)
  7. 桜花爛漫(おうからんまん)
  8. 無敵艦隊(むてきかんたい)
  9. 名字帯刀(みょうじたいとう)
  10. 医食同源(いしょくどうげん)
  11. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  12. 一心不乱(いっしんふらん)
  13. 一騎当千(いっきとうせん)
  14. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  15. 正当防衛(せいとうぼうえい)
  16. 全身全霊(ぜんしんぜんれい)
  17. 金玉満堂(きんぎょくまんどう)
  18. 獅子奮迅(ししふんじん)
  19. 初志貫徹(しょしかんてつ)
  20. 百花繚乱(ひゃっかりょうらん)