『尊王攘夷』-四字熟語-壁紙/画像


尊王攘夷 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

尊王攘夷 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】そんのうじょうい

【意味】王を尊び、外敵を撃退しようとする思想。日本では、尊皇攘夷(そんのうじょうい)として、天皇を尊び外敵を打ち払うことの意で使われた。

尊王攘夷をLINEで送る

尊王攘夷

『尊皇攘夷』より : 尊王攘夷(そんのうじょうい、尊攘)とは、王を尊び、外敵を斥けようとする思想である。
江戸時代末期(幕末)の水戸学や国学に影響を受け、維新期に昂揚した政治スローガンを指している。
国家存在の根拠としての尊王思想と侵掠者に対抗する攘夷思想が結びついたものである。
「王を尊び、夷を攘う(はらう)」の意。
古代中国の春秋時代において、周王朝の天子を尊び、領内へ侵入する夷狄(中華思想における異民族。
ここでは南方の楚を指す。
)を打ち払うという意味で、覇者が用いた標語を国学者が輸入して流用したものである。
斉の桓公は周室への礼を失せず、諸侯を一致団結させ、楚に代表される夷狄を討伐した。
その後、尊王攘夷を主に唱えたのは、宋学の儒学者たちであった。
周の天子を「王」のモデルとしていたことから、元々「尊王」と書いた。
日本でも鎌倉時代、室町時代は天皇を王と称する用例も珍しくなかったが、江戸時代における名分論の徹底により、幕末には「尊皇」に置き換えて用いることが多くなった。

尊王攘夷運動

『尊皇攘夷』より : 尊王攘夷(そんのうじょうい、尊攘)とは、王を尊び、外敵を斥けようとする思想である。
江戸時代末期(幕末)の水戸学や国学に影響を受け、維新期に昂揚した政治スローガンを指している。
国家存在の根拠としての尊王思想と侵掠者に対抗する攘夷思想が結びついたものである。
「王を尊び、夷を攘う(はらう)」の意。
古代中国の春秋時代において、周王朝の天子を尊び、領内へ侵入する夷狄(中華思想における異民族。
ここでは南方の楚を指す。
)を打ち払うという意味で、覇者が用いた標語を国学者が輸入して流用したものである。
斉の桓公は周室への礼を失せず、諸侯を一致団結させ、楚に代表される夷狄を討伐した。
その後、尊王攘夷を主に唱えたのは、宋学の儒学者たちであった。
周の天子を「王」のモデルとしていたことから、元々「尊王」と書いた。
日本でも鎌倉時代、室町時代は天皇を王と称する用例も珍しくなかったが、江戸時代における名分論の徹底により、幕末には「尊皇」に置き換えて用いることが多くなった。

尊王攘夷-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  2. 有言実行(ゆうげんじっこう)
  3. 熱烈歓迎(ねつれつかんげい)
  4. 黄道吉日(こうどうきちじつ)
  5. 衣冠束帯(いかんそくたい)
  6. 人身御供(ひとみごくう)
  7. 執行猶予(しっこうゆうよ)
  8. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  9. 医食同源(いしょくどうげん)
  10. 欲求不満(よっきゅうふまん)
  11. 一攫千金(いっかくせんきん)
  12. 優勝劣敗(ゆうしょうれっぱい)
  13. 不協和音(ふきょうわおん)
  14. 一世風靡(いっせいふうび)
  15. 永世中立(えいせいちゅうりつ)
  16. 四向四果(しこうしか)
  17. 四面楚歌(しめんそか)
  18. 尊王攘夷(そんのうじょうい)
  19. 切磋琢磨(せっさたくま)
  20. 鼠肝虫臂(そかんちゅうひ)