『摽末之功』-四字熟語-壁紙/画像

日頃何気なく耳にしたりする言葉でも、いまいち意味が分からない言葉があります。人に聞きたいけれどちょっと恥ずかしいかなっと思ったことも過去にあったでしょう。
「摽末之功(ひょうまつのこう)」という四文字熟語もその漢字に聞き慣れない言葉が入っているので、意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

摽末之功 四字熟語-壁紙/画像
横書き

摽末之功 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】ひょうまつのこう

【意味】非常に小さな成果や僅かな進展を指しています。摽の部分は刀の先端であり、非常に小さな部分であることから、それが意味する成果や功績も極めて小さいものということです。謙遜や謙虚さを示すために使われることがあります。自分の行ったことがあまり大きな成果や影響を持っていないと感じる場合に、謙遜の意味を込めて「摽末之功」と表現することがあります。

摽末之功をLINEで送る

摽末之功-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 摽末之功(ひょうまつのこう)
  2. 緑浄春深(りょくじょうしゅんすい)
  3. 博聞彊識(はくぶんきょうしき)
  4. 方底円蓋(ほうていえんがい)
  5. 胡孫入袋(こそんにゅうたい)
  6. 目営心匠(もくえいしんしょう)
  7. 油断大敵(ゆだんたいてき)
  8. 至高無上(しこうむじょう)
  9. 三津七湊(さんしんしちそう)
  10. 渙然氷釈(かんぜんひょうしゃく)
  11. 易姓革命(えきせいかくめい)
  12. 冷暖自知(れいだんじち)
  13. 冷嘲熱諷(れいちょうねっぷう)
  14. 求全之毀(きゅうぜんのそしり)
  15. 円首方足(えんしゅほうそく)
  16. 堅白同異(けんぱくどうい)
  17. 葵花向日(きかこうじつ)
  18. 日就月将(にっしゅうげっしょう)
  19. 忙中有閑(ぼうちゅうゆうかん)
  20. 因循固陋(いんじゅんころう)