『拡大解釈』-四字熟語-壁紙/画像


拡大解釈 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

拡大解釈 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】かくだいかいしゃく

【意味】言葉や文章の意味を、自分に都合のいいように広げて解釈すること。

拡大解釈をLINEで送る

拡大解釈

『法学方法論』より : 法学方法論(ほうがくほうほうろん、juristische MethodenlehreないしMethodenlehre der Rechtswissenschaft)とは、法に関する知見の在り方を考察するものである。
以下に、日本の法学の方法に大きな影響を与えた大陸法の方法論について、条文解釈で用いられる法的推論のひとつを紹介する。
法的三段論法 古代ギリシアのアリストテレスの論理学を淵源とし、その後、一般的な法と正義を実現するものの中核として位置付けられた。
つまり、これによって全般的な法による秩序維持と正義が実現されるものと捉えられていた。
しかし、近代社会の法概念によって、法に胚胎される正義と法的論理によって導かれる正義の相違が自覚されるようになり、法的三段論法は後者を担うものとして捉え直されるようになった。
法的三段論法は、抽象的なルールとしての法規範を、生活関係(Lebensverhältnisse)に当て嵌める形式として捉えられる。
これがいわゆる法の適用である。
大体次のような手続を踏んでなされる。
法規範を一つ一つの要件と効果に分解し、それぞれ解釈するが、この解釈とは、分解された要件および効果を価値判断によって、ひとつの法的価値としてまとめあげることである。

拡大解釈-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 切磋琢磨(せっさたくま)
  2. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  3. 烏焉魯魚(うえんろぎょ)
  4. 隔岸観火(かくがんかんか)
  5. 相乗効果(そうじょうこうか)
  6. 耽美主義(たんびしゅぎ)
  7. 試行錯誤(しこうさくご)
  8. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  9. 鬼瞰之禍(きかんのわざわい)
  10. 欣求浄土(ごんぐじょうど)
  11. 天地無用(てんちむよう)
  12. 而今而後(じこんじご)
  13. 群軽折軸(ぐんけいせつじく)
  14. 発揚蹈厲(はつようとうれい)
  15. 心神喪失(しんしんそうしつ)
  16. 飲灰洗胃(いんかいせんい)
  17. 酒池肉林(しゅちにくりん)
  18. 自給自足(じきゅうじそく)
  19. 版籍奉還(はんせきほうかん)
  20. 朝令暮改(ちょうれいぼかい)