『三津七湊』-四字熟語-壁紙/画像


三津七湊 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

三津七湊 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】さんしんしちそう

【意味】室町時代、日本最古の海商法である廻船法度に定められた十の大港。三津は伊勢の安濃津、筑前の博多津、和泉の堺津。七湊は能登の輪島、越前の三国、加賀の本吉、越中の岩瀬、越後の今町、出羽の秋田、津軽の十三湊。

三津七湊をLINEで送る

三津七湊

三津七湊(さんしんしちそう)とは、室町時代末に成立した日本最古の海洋法規集である『廻船式目』に、日本の十大港湾として記されている三津・七湊の港湾都市の総称。
三津 安濃津 - 伊勢国安濃郡(三重県津市) 博多津 - 筑前国那珂郡(福岡県福岡市) 堺津 - 摂津国住吉郡・和泉国大鳥郡(大阪府堺市)中国明代の歴史書『武備志』では、次の3港が「日本三津」「三箇の津(さんがのつ)」として記されている。
安濃津 博多津 坊津 - 薩摩国川辺郡(鹿児島県南さつま市) 七湊 三国湊 - 越前国坂井郡(福井県坂井市)、九頭竜川河口 本吉湊(美川港) - 加賀国石川郡・能美郡(石川県白山市)、手取川河口 輪島湊 - 能登国鳳至郡(石川県輪島市)、河原田川河口 岩瀬湊 - 越中国上新川郡(富山県富山市)、神通川河口 今町湊(直江津) - 越後国中頸城郡(新潟県上越市)、関川河口 土崎湊(秋田湊) - 出羽国秋田郡(秋田県秋田市)、雄物川河口 十三湊 - 陸奥国(津軽、青森県五所川原市)、岩木川河口これらは日本海交易の拠点として栄え、近世には北前船の寄港地ともされた。

三津七湊-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 責任転嫁(せきにんてんか)
  2. 四夷八蛮(しいはちばん)
  3. 迦陵頻伽(かりょうびんが)
  4. 一球入魂(いっきゅうにゅうこん)
  5. 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
  6. 落花流水(らっかりゅうすい)
  7. 八紘一宇(はっこういちう)
  8. 森羅万象(しんらばんしょう)
  9. 牛頭馬頭(ごずめず)
  10. 真剣勝負(しんけんしょうぶ)
  11. 一撃必殺(いちげきひっさつ)
  12. 念念刻刻(ねんねんこくこく)
  13. 一石二鳥(いっせきにちょう)
  14. 電光石火(でんこうせっか)
  15. 永字八法(えいじはっぽう)
  16. 桜花爛漫(おうからんまん)
  17. 一夫一婦(いっぷいっぷ)
  18. 人身御供(ひとみごくう)
  19. 医食同源(いしょくどうげん)
  20. 惟適之安(ゆいてきのあん)