『人海戦術』-四字熟語-壁紙/画像


人海戦術 四字熟語-壁紙/画像200px
横書き

人海戦術 四字熟語-壁紙/画像
縦書き色付き

【読み】じんかいせんじゅつ

【意味】多数の人員を次々に繰り出して、仕事を成し遂げようとするやり方。機械力などを利用せず、大勢の人を動員して物事に当たらせる方法。本来の意味は、多数の兵員を投じて、数の力によって敵軍を破る戦法のこと。

人海戦術をLINEで送る

人海戦術

人海戦術(じんかいせんじゅつ)とは、兵数の優位に物を言わせて目的を達成する戦術思想をさす。
一般的な人海戦術の理解 戦争における一般的な人海戦術のイメージは、端的に言えば「こっちが10万発の弾丸を持っているのに、向こうは(何も考えずに)10万人以上の兵で突撃してきた。
だから押し切られて負けた」という考えである。
この一見原始的な戦術は、第二次世界大戦におけるソ連軍や、朝鮮戦争における中国人民解放軍が運用した、そして両軍は21世紀の現代もなおそれしかできない原始的な軍隊だというイメージが一般的である。
同時にそれは、ソ連軍や中国軍、そしてソ連や中国、ひいては共産主義陣営そのものを原始的と見下す偏見と表裏一体のものであった。
しかし、実際ソ連軍等のドクトリンは非常によく考えられた高度なものであった(#人海戦術の実際の節を参照)。
この「蛮族は数任せの正面突撃しかできない無能、だから蛮族」という偏見と過小評価は、古代ギリシャや古代中国以来の自称文明国の悪しき伝統でもあり、太平洋戦争当時の日本陸軍は(そして日本人そのものが)欧米諸国(特にアメリカ)からバンザイ突撃しかできない「黄色いサル」と見下されていた。

人海戦術-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード




五十音検索



人気四字熟語-壁紙/画像

  1. 起承転結(きしょうてんけつ)
  2. 開門揖盗(かいもんゆうとう)
  3. 創業守成(そうぎょうしゅせい)
  4. 無理心中(むりしんじゅう)
  5. 万世一系(ばんせいいっけい)
  6. 恍恍惚惚(こうこうこつこつ)
  7. 粉飾決算(ふんしょくけっさん)
  8. 風林火山(ふうりんかざん)
  9. 泰然自若(たいぜんじじゃく)
  10. 塗炭之苦(とたんのくるしみ)
  11. 浮花浪蕊(ふかろうずい)
  12. 朝三暮四(ちょうさんぼし)
  13. 会者定離(えしゃじょうり)
  14. 重見天日(ちょうけんてんじつ)
  15. 懲戒処分(ちょうかいしょぶん)
  16. 歳寒三友(さいかん(の)・さんゆう)
  17. 人権蹂躙(じんけんじゅうりん)
  18. 悪人正機(あくにんしょうき)
  19. 曳尾塗中(えいびとちゅう)
  20. 永代供養(えいたいくよう)